【七つの大罪最新】神器特性・能力まとめ!!聖棍クレシューズ!神斧リッタ!明星アルダン!魔剣ロストヴェイン!etc

七つの大罪は神器を扱います。
神器はバルトラ王から授かった特殊な武器です。

神器にはそれぞれ能力がありますが、
今回はそれぞれをまとめていきたいと思います。

⇒【回収された伏線18選!!
⇒【続編で登場が濃厚なキャラ!!

戦鎚ギデオン

戦鎚ギデオンは七つの大罪ディアンヌが扱う神器で、
一番最初に出てきた神器でもあります。

10年前に七つの大罪が離散した後に噴出してしまい、
王国に回収されました。

そのあと、
七つの大罪をおびき寄せるためにバイゼル喧嘩祭にて商品として登場。

その重さは約1tと、
神器の中でも一番重いものになっています。

1tというと動物のサイと同じ重さになりますが、
そう考えると見た目よりは軽いかもしれませんね。

戦鎚ギデオンの特性は「避雷針」で、
受けた攻撃魔力を大地に逃がす事が可能です。

この避雷針が活躍したのは、
戒禁を吸収したマエル戦。

当時のマエルは闘級20万以上と絶望的なものでしたが、
避雷針のおかげで皆を助けています。

しかし、
避雷針を使うと大地に住む生き物や大地そのものを
傷つけてしまうので、本人は使うのを嫌がっています。

⇒【ゼルドリスが強い!!
⇒【バンの強さは煉獄で成長!?

霊槍シャスティフォル

霊槍シャスティフォルは、七つの大罪キングが待つ神器です。

妖精界の神樹から作られたもので鋼を超える強度を持っています。

普段はまくらのような形をしていますが、
十通りの形態に変化させることが出来ます。

キングの魔力「厄災」でのみ力を引き出す事が可能です。

また、
覚醒後のキングは霊槍の力を完全に解放し、
複数の形態を同時に扱う事も可能となっています。

⇒【アーサーが次回作の主人公に⁉
⇒【七つの掟まとめ!!

双弓ハーリット

双弓ハーリットはゴウセルが持つ神器。

神器というのは物体であり、
普通は手に持っていたりしますが、
ゴウセルは体に埋め込まれておりちょっと特殊です。

そのため、
手から突然、
光の弓を出現させたりします。

また、
攻撃方法も精神攻撃や記憶の操作がメインとなっており特殊です。

更に、
双弓ハーリットは光ですが質量があるので相手の物理攻撃を受け止めることも可能となっています。

作中ではスレイダーの大剣による攻撃を受け取るシーンも見受けられます。

⇒【メリオダスとエリザベスに子供⁉
⇒【ホークママ=混沌の母⁉

神斧リッタ

神斧リッタはエスカノールが持つ神器です。

片手斧とは思えない程に巨大で十戒のガランですら両手で持つのがやっとでした。

ガランいわく、
相当な名匠のものと言わしめるほどの美しい斧。

特性は「充填&放射」でエスカノールの発する莫大な熱量を吸収し蓄え、
任意で放つことが可能です。

また、
神器リッタに貯めた魔力はエスカノール本人に還元する事ができ、
夜間でも活動ができるようになります。

⇒【アーサーが次回作の主人公に⁉
⇒【メリオダスは33回死んでいる⁉

明星アルダン

明星アルダンはマーリンが持つ神器です。

表面上に数千のルーン文字が刻まれており、
かなり異質。

能力の1つには自分の精神の内部を転写する事が可能で、
ガランに肉体を石にされた時は球体に精神を移し皆と会話をしていました。

⇒【七つの掟まとめ!!
⇒【メリオダスが死ぬ⁉子供は悲しみの子⁉

魔剣ロストヴェイン

メリオダスが持つ神器です。

特性は実像分身でメリオダスの闘級の半分を総量とする実像分身を作り出す事が出来ます。

分身は複数体作る事も出来ますが、
その分一体毎の闘級は低くなります。

しかし、
メリオダスの魔力であるフルカウンターは自身の闘級値に依存しないため、
相性が良く作中では複数体に分身しています。

⇒【メリオダスは33回死んでいる⁉
⇒【アーサーが次回作の主人公に⁉

聖根クレシューズ

バンの神器・聖根クレシューズです。

本人いわく、
バステ監獄に投獄された際に没収され失くしてしまったとか。

ところが、
マーリンが実は隠し持っており、
主恩のインデュラ選で登場。

特性は「超集中力」で、
射程、威力を最大限の精度まで高めることが出来ます。

作中の技としては、
「死神の一薙」が確認できます。

➡【「七つの大罪」アニメ・映画を無料で見る!!】

こちらの記事も読まれています

4 comments

  1. ディアンヌの神器の名前はデギオンではなくギデオンだと思います。

  2. 双弓ハーリットの特性は範囲拡大だと思います。
    戒禁マエルとの戦いで、ディアンヌとキングとの合技を使った際に出てきました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。