【七つの大罪考察】円卓の騎士とは!?アーサーが主人公になる!?

七つの大罪の1巻の作者メッセージ欄を見ると分かりますが、
その時から鈴木先生は七つの大罪が次回作の前日譚であると語っています。

ではその情報に関してまとめていきましょう。

⇒【回収された伏線18選!!
⇒【続編で登場が濃厚なキャラ!!

鈴木先生

七つの大罪の作者は鈴木央先生です。

鈴木先生はあんまり表にでませんが、
作者インタビューでは既に次回作に関して仄めかしていました。

鈴木先生はアーサー王物語が好きで特にその主人公であるアーサー王が好きなんだそうです。

作者がそこまで思入れのあるアーサー。

こうなってくると原作のアーサー王物語が気になってきたりしますが、
そこはまた違う記事で書けたらと思います。

アーサー王物語の元ネタは結構なボリュームなのでね・・・笑

⇒【アーサーの物語を見る!!
⇒【ホークママ=混沌の母⁉

円卓の騎士

円卓の騎士とはアーサーに使えた騎士達の事を差します。

有名人物としてはガヴェイン、ランスロット、
トリスタン、マーリン、パーシヴァルなどが登場します。

また、
このランスロットの両親はバンとエレイン。

更にトリスタンの両親はメリオダスとエリザベスです。

現状の七つの大罪でも子供の話しがされていますが、
彼らの子供が次回作で活躍をする事になる予感がしますよね。

不安点としては主人公や主要人物の子供が次回作の主人公になって成功した作品がほとんどないところ・・・。

鈴木先生がこのジレンマを破ってくれることに期待したいですね。

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。