【呪術廻戦】ネタバレ136話確定で呪術全盛平安の世の再来!?術式の遠隔発動で千人の魑魅魍魎が登場か!?

136話の内容が確定したので振り返っていきます。

宜しければ最後まで読みください。

⇒【乙骨の日本帰省はいつ!?
⇒【フーガとは!?

人間の進化

九十九と偽夏油が会話となる。

九十九は人間は呪力からの脱却が必要だと語る。

一方の偽夏油は呪力の最適化であると反論。

しかし、九十九は呪力の最適化には穴があると続けた。

人間の進化

はい!まずは小難しい話しで始まりました!

が、結構シンプルな内容です。

九十九は呪力からの脱却。

つまり、呪力を完全になくすことで、呪霊の発生も無くそうという発想です。

以前話した原因療法の中身と同じ内容ですね。

一方の偽夏油は呪力の最適化を目指すと返しました。

ただ、九十九はそれは天元を利用するモノであるからして、日本限定の内容で、そうなると日本だけ呪力に長けた人物がゴロゴロ出現する事になり、そうなると、海外諸国から良い目を持たれないという事でした。

要は戦争になりかねないって感じですよね。

まあ偽夏油からしたらそんな事すらどうでもいいって感じで、本当の呪力の核心を知りたいみたいな話しを続けています。

それが何なのかと言われるとまだ漠然としていて、漫画的に言えば一人で世界すらも掌握できるほどの力とかになると思いますけども。

⇒【布瑠部由良由良とは!?
⇒【津美紀の呪いとは!?

術式の遠隔発動

偽夏油はマーキング済の2種類の非術師の無為転変を施したと話す。

1種は呪物を取り込んだ非術師。

もう1種は術式持ちのまだ呪術に目覚めていない非術師。

更に呪物の封印を解いた偽夏油。

累計は千人ほど。

これから彼らにはコロし合いをしてもらうと続けた。

混沌の時代

はいはい!

という事で偽夏油から千人の刺客が登場するといった伏線染みたセリフが語られましたね。

まずは、呪物を取り込んだ非術師達。

密かに偽夏油は呪物を非術師に取り込ませていたみたいですね。

そして、その中にある呪物の封印を解いたようで、そうなると、人間に呪いが受肉するなりして、狂暴化するのでしょうね。

その中で理性を抑えられる人物もいるでしょうが、ほとんどは狂暴化しそうです。

もう一方は術式を先天的に持っているが、まだ扱えていない非術師達。

彼らが術式に目覚められるよう遠隔の無為転変で脳に改造を施したようです。

こちらも、術式に目覚めただけでコロし合いをするのか?と九十九も話していますが、偽夏油はそうなるよう手筈してあるようなので、催眠術みたいなものも同時にかけているのかもしれませんね。

コロし合いをしてもらう事で呪術の核心に迫らせて、より洗練された部下を創ろうとしているといった所でしょうか。

その中には伏黒の姉の津美紀の姿もありましたが、こりゃあ強敵になりそうですね。

伏黒にとってのラスボスになること間違いなしです。

⇒【裏梅と宿儺の関係は⁉
⇒【菅原道真がヤバイ!?最強の呪い!?

呪術全盛 平安の世

偽夏油は配った呪物は千年前からコツコツ契約した非術師の成れの果て。

更に呪霊とも契約をしていたようだが、夏油の体を手にした時に契約破棄していたと続ける。

そして、呪霊を解き放つと、呪術全盛 平安の世が再び始まるとこぼした。

再び

はい!という事で、再び平安の世が訪れる!といった形で終わりとなりました。

偽夏油が放った呪霊達は契約を破棄していた呪霊達なんでしょうかね?

ならなぜ体内に隔離できていたのか?という疑問も出ますが、まあ呪力なりで押さえつけていたんでしょうね・・・。

何しても、この放たれた呪霊達が何級なのか分かりませんが、千体いるならヤバイですね。

九十九が頑張らないと現場にいる生徒達が全滅します。

ここから特級術師である九十九の見せ所ですね。

何よりどういった術式になるのか気になります。

特級術師と1級術師では超えられない壁があるように感じますから、規格外の術式を見せてくれるのではないでしょうか。

そして、五条の奪還はやはり達成できなさそうですね。

これからの虎杖達の活躍を描く上では五条が強すぎて、五条いれば大丈夫じゃんってなっちゃいますからね。

まあ五条ファンは悲しい展開ですが、とはいえほぼ100%の可能性脱出はすると思うので、それまでお預けって感じだと思います。

復活シーンは間違いなくカッコいいものになると思うので、そこまで我慢です・・・(笑)

では、そんな所で新章に突入しそうなので引き続き展開に注目です。

⇒【137話で乙骨憂太参戦!!
⇒【135話で裏梅の術式判明!!

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。