【呪術廻戦(考察)】脹相の兄弟の名前判明!!「膿爛相・青瘀相・噉相・散相・骨相・焼相」!!既に亡骸で登場はない!?

今回は144話で判明した脹相の兄弟たちに関する記事です。

壊相(えそう)、血塗(けちず)を除くと残りは6名でしたが、全員の名前が判明しました。

という事でそちらについてまとめていきます。

⇒【虎杖母(香織)特異体質⁉
⇒【乙骨は海外で何を⁉

兄弟達

144話では脹相から残りの兄弟6人の名前が話されました。

呪術廻戦/芥見下々先生/144話引用

脹相「忌庫には俺の弟達 膿爛相(のうらんそう)・青瘀相(しょうおそう)・噉相(たんそう)・散相(さんそう)・骨相(こつそう)・焼相(しょうそう)の亡骸が在る」(呪術廻戦/芥見下々先生/144話引用)

という事で残りの兄弟の名前は

膿爛相(のうらんそう)
②青瘀相(しょうおそう)
③噉相(たんそう)
④散相(さんそう)
⑤骨相(こつそう)
⑥焼相(しょうそう)

です。

また、どうやら残りの兄弟は高専の忌庫(きこ)に保管されているようです。

しかし、どうやら亡骸であるあらしく、生きてはいないみたい。

⇒【真希は呪力脱却で最強に⁉
⇒【真人に生存説⁉

登場はしない

実は脹相の兄弟6人については作者の芥見下々先生から触れられています。

それは「漫道コバヤシ漫画大賞2020グランプリ 芥見下々『呪術廻戦』」という番組で明らかになった事です。

ここでは芸能人のケンドーコバヤシが呪術廻戦作者の芥見下々先生にインタビューをしていくのですが、脹相達については

芥見下々先生「“残り6番は出す予定はない”“1番~3番はお母さんが元気だった時に呪物となったから残った”“他は死んでいて保管されている”」

と話されています。

つまり、脹相としては兄弟の亡骸を回収したいというだけで、その後にどうこうするつもりはないようです。

そして作者としても登場させる気はないみたいですね。

せっかくなら全員見たかったですが、ちょっと残念ですね。

脹相の6人兄弟の部隊に虎杖も加わったら、かなりカオスなチーム編成となりそうだったので(笑)

呪術廻戦/芥見下々先生/134話引用

そうなると脹相以外の6人も虎杖の兄にあたるので、「お兄ちゃんだぞ!!」と言うキャラがもう6人増える事になって愉快な事になりそうだったんですがね(笑)

まあ・・・登場しないなら仕方ないですね。

⇒【脹相に死亡説⁉
⇒【布瑠部由良由良とは!?

元ネタは九相図

呪胎九相図の元ネタは仏教絵画である九相図です。

九相図とは死体の変遷(移り変わり)を9段階に分けて書かれた絵画。

最初は遺体が腐敗し、ガスが発生し、内部から膨張する絵が描かれています。

そこから段々と腐敗していき、その過程では骨となり、そして最後は骨もなくなり灰だけになります。

これは肉体の不浄と諸行無常を説いた絵だそうですが、ちょっと意味が分からないですよね。

「肉体の不浄」については「不浄」「清浄ではない事、けがれている事」だそうなので、つまりは「肉体の不浄」=体の汚れという意味合いとなり、九相図はそれを示す絵画という事にります。

実際、死にゆく人間を放っておけば蛆も湧くでしょうし、その様を綺麗だと思う人はいないでしょう。

次の「諸行無常」「万物はいつも流転し変化・消滅がたえないこと、すべてのものが変化する」を意味するので、遺体の変化でもってそれを表している事になりますね。

また、この絵画では女性が朽ちていく様子が描かれており、修行僧の煩悩を祓う目的があったそうです。

九相図は修行僧たちが悟りを開くための一環として使われていた絵画って事ですね。

⇒【加茂憲倫の本当の正体⁉
⇒【全呪霊まとめ&一覧!!

まとめ

という事で、明らかになった脹相の兄弟達に関するまとめ記事でした。

因みに元ネタである九相図を見てみると並びはこんな感じ。

①脹相(ちょうそう)-内部が膨張
②壊相(えそう)-皮膚が壊れる
③血塗相(けちずそう) -血液が体外に滲みだす
④膿爛相(のうらんそう)-体が溶解
⑤青瘀相(しょうおそう) -青黒くなる
⑥噉相(たんそう) -虫がわく
⑦散相(さんそう)-部位が散乱
⑧骨相(こつそう)-骨だけになる
⑨焼相(しょうそう) -灰になる

脹相が1番年上のお兄さんで、次が壊相で次は血塗ですが、元ネタに忠実だと分かりますね。

後は見た目に関しても元ネタからある程度、忠実に書かれているのが分かります。

呪術回戦/芥見下下先生/7巻55話引用

特に血塗のデザインなんか、説明にある血液が体外に滲み出すものと一致していますよね。

そういう意味では、残りの兄弟を登場させた場合には9番の焼相は灰だけとの事なので、デザインが難しそうですね(笑)

その上の8番の骨相も中々のものですが・・・(笑)

そういう意味でも全員登場させるのは難しいと思ったのかもしれませんね。

まあとはいえ、せっかくなら全員見たかったというのがファンとしての気持ちですがね。

➡【呪術廻戦のアニメを無料で見る!!

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。