【東京卍リベンジャーズ】斑目獅音(まだらめしおん)とは!?弱い?ネタキャラ枠!?黒龍のツラヨボシ!!

斑目獅音(まだらめしおん)。

登場は15巻以降で天竺(てんじく)四天王の”狂犬”。

はたして、どんなキャラクターなのか?

強いのか?

今回はそんな斑目のまとめになります。

※15巻以降のネタバレアリ

⇒【タケミチはどこが強いの⁉
⇒【真一郎とは!?

斑目獅音(まだらめしおん)とは!?

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/15巻引用

斑目獅音(まだらめしおん)15巻の128話から登場するキャラクター。

天竺(てんじく)四天王の一人。

また”S62世代”の一人でもあり、年齢は18歳(タケミチ14歳)。

頭に入ったタトゥーと耳についた複数のピアスが特徴的です。

⇒【マイキーの髪型色々!!

強さ

斑目の戦闘シーンはそこまで多くありません。

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/15巻引用

登場シーンでは東京卍會の隊員をボコボコにしていました。

手にはメリケンサックをつけ、必要以上に殴っていたので、容赦がないタイプなのは分かります。

また、その後にはメリケンサックに付いた血を舐める描写もあるので、クレイジーキャラなのは間違いないですね。

⇒【ドラケンとエマの関係は⁉

VSぺーやん

天竺vs東京卍會の総決戦。

魁戦(さきがけせん)では斑目が登場。

魁戦(さきがけせん)とはS62世代で流行った儀式で、まずタイマンをして後の全面対決を盛り上げるというもの。

勝った方のチームの士気が上がる大事な戦いでもあります。

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/18巻引用

しかし実際はぺーやんとタイマンとなりワンパンKO。

強いのか、弱いのか、よく分からない結果に。

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/18巻引用

また、その戦いを見ていた黒川イザナからは「テメェが弱すぎたんじゃねぇの」という罵倒をもらっています。

⇒【三ツ谷が凄すぎる⁉

元 黒龍九代目総長

斑目には元黒龍九代目総長という凄い肩書があります。

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/15巻引用

黒龍(ブラックドラゴン)はマイキーの兄貴である真一郎が創った伝説の暴走族チーム。

しかし、八代目 黒川イザナの代からは「ゆすり、強盗、薬、なんでもありの極悪チーム」となっており、初代の志は影も残っていませんでした。

斑目は「極悪チーム」となった黒龍をそのまま継いだ男です。

そういう意味では相当の悪。

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/12巻引用

ただ、2年前のVS「東京卍會」には敗れています。

つまり悪ではあったけど、腕っぷしはそこまでないのかもしれません。

⇒【キヨマサなぜドラケンを⁉

VS荒師慶三(あらし けいぞう)

最終章では三天として梵(ブラフマン)、六破羅単代、関東卍會が登場。

斑目は六破羅単代の第伍席としてチームに入隊していました。

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/213話引用

しかしここでも梵の大幹部である荒師慶三(あらし けいぞう)通称”ベンケイ”に殴られワンパンKO。

注目したいのはその殴られた時の不細工な顔(笑)

これは完全にネタキャラ枠として描かれていますね。

⇒【ミッション内容総まとめ!!
⇒【東卍創設メンバーまとめ!!

まとめ

斑目獅音(まだらめしおん)はメリケンサックで人を殴ったりと容赦ないが、ペーやんやベンケイにワンパンKOされる程度の実力者。

元黒龍九代目総長だったが、2コ下のマイキー(当時13歳)率いる「東京卍會」に負けている。

という感じですね。

まあ・・・喧嘩した相手が強すぎただけのパータンかもしれませんが、ネタ枠入りしたのは間違いないですね(笑)

ただ、個人的には何処か嫌いになれないキャラクターです。

今後ともネタ枠として存分に活躍して欲しいなと思います。

➡【アニメ「東京卍リベンジャーズ」を無料で見る!!】

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。