【十字架のろくにん(考察)】久我大地の処刑方法は!?ネズミ拷問、異端者のフォークの有名処が最適か!?

今回はターゲットとなっている久我の処刑方法を考えてみたいと思います。

また漆間にはパターンがあるので、そちらを参考にして考えてみたいと思います。

⇒【復讐方法まとめ!!
⇒【至極京とは!?女説!?

目には目を

漆間は受けていたいじめと似た復讐方法を取っています。

中武士竜先生/十字架のろくにん/5話引用

まずは千光寺ですが、漆間は千光寺から改造エアガンで撃たれるといういじめをうけていました。

そんな漆間は千光寺をエアガンを使ってコロしています。

ただ、普通に撃ってもコロせないので、漆間は皮一面をピーラーで剥ぎ取って、敏感な所に連続して撃ち込む事でショックシさせました。

まさに「目には目を歯には歯を」ですね。

中武士竜先生/十字架のろくにん/10話引用

次の右代ですが、右代からは性的いじめを受けていた節があります。

中武士竜先生/十字架のろくにん/17話引用

そんな漆間が後ろにとった復讐方法は「苦悩の梨」という拷問器具を肛門にいれ四叉を全開させるというモノでした。

あまりの痛みに右代は悶絶し気絶しています。

このことからも漆間は右代に掘られていたと分かりますね。

つまり、自分が受けたイジメと似たような復讐方法となるのが漆間の特徴です。

⇒【千光寺の拷問がエグイ!?
⇒【右代の拷問がキツすぎる!!

久我大地からの虐め

中武士竜先生/十字架のろくにん/39話引用

漆間が久我から受けたイジメは背負い投げ、打撃、締め技といった格闘技の技を受けるものでした。

となると、復讐方法は体罰的(肉体的苦痛)なものが連想されます。

シンプルに首を絞めるやり方や、「磔(はりつけ)」や「鞭打ち」といった暴行を加えるなどでも良さそうですが、それだと単純すぎますね。

⇒【比呂が一番雑魚⁉

異端者のフォーク

www.buzzfeed.com引用

こちらは有名な拷問方法ですが、「異端者のフォーク」なんか悪くないんじゃないかと思えます。

これはこの「異端者のフォーク」という拷問器具を首に取りつた後に罪人を吊るし上げます(立たせたい状態にする)。

そして、罪人が眠たくなり顎を下げるとフォークの先端が突き刺さるというモノです。

そのまま放置すれば出血多量でシぬことでしょうか。

体力に自信がありそうな久我なので、長期的に虐めて、根を上げさせるには良いんじゃないでしょうか。

⇒【復讐方法まとめ!!
⇒【至極京とは!?女説!?

ネズミ拷問

Daily News Agency引用

こちらも有名な拷問方法で「ネズミ拷問」と呼ばれるもの。

これはお腹を空かせたネズミを罪人の腹の上にのせ、その上から壺などを被せて、そして壺を火で炙ります。

するとネズミは習性で地面に逃げようとします。

しかし、下にあるのは罪人のお肉なので、ネズミは罪人のお腹を食い破っていきます。

そうして、シんでしまうという拷問です。

これは久我と関係があまりなさそうですが、結構エグイので良いんじゃないかと思います。

⇒【千光寺の拷問がエグイ!?
⇒【右代の拷問がキツすぎる!!

まとめ

という事でパッと思いついたものをまとめてみました。

格闘技が得意な久我なので、それを試すような拷問が良さそうですが、こちらは作中オリジナルのものとなりそうですね。

一応、比呂は「引き伸ばし台」だったので、有名どころの拷問が描かれる可能性もあると思いますが。

しかし、いざ考えてみろと言われると中々難しいものですね。

皆さんだったらどんな拷問方法を考えますか・・・?

では、そんな所で、作中ではどんな拷問方法が描かれるのか、楽しみにしたいと思います。

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。