【東京卍リベンジャーズ】三途春千夜(はるちよ)とは?手がつけられない暴れ馬!?

「東京卍リベンジャーズ」に登場する「三途 春千夜(さんず はるちよ)」。

過去での活躍はあまり見られませんが、しかし忠誠心が強く、第7の世界線では「梵天(ぼんてん)」のNo.2にまで昇格していました。

今回はそんな三途の見た目、性格、作中の動向をまとめていきます。

※216話までのネタバレを含みます。ご注意ください。

⇒【未回収伏線まとめ!!
⇒【最強キャラTOP10!!

三途 春千夜(さんず はるちよ)とは?

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/16巻引用

「三途 春千夜(さんず はるちよ)」とは16巻138話から登場が見られる人物。

「東京卍會」の伍番隊 副隊長にあたります。

その際にはタケミチを呼び出し、ムーチョに拉致させています。

しかし、過去での活躍はこれのみで主な描写はタケミチが訪れた第7の世界線における現代となります。

⇒【イヌピーとは!?
⇒【マイキーにイザナの刺青⁉

見た目

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/23巻引用

ロングヘアーで長いまつ毛が特徴的。

口の両端には痛々しい傷跡があり、黒マスクで口元を隠している時期もありました。

服装は基本的に隊服ですが、現代ではチョッキを着ている姿が確認できます。

⇒【鶴蝶が強すぎる⁉
⇒【覚醒アングリーが強すぎる!!

性格

性格は暴れ馬の問題児。

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/23巻引用

「東京卍會」入隊時には他の隊では手がつけられないからと「伍番隊」に入れさせられます。

そして伍番隊に入ってからもムーチョ曰く「問題ばかり起こすバカ」だったそうで躾けられたようです。

一方では忠誠心が強く、手堅い所もあります。

ムーチョと刺した将棋では守りの固い「穴熊囲い」を使っており、王が何よりも大事だと語っています。

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/23巻引用

他の暴走族チームと揉めたのも「東卍」がダサイと聞こえたからと語っています。

つまり、問題児とされる三途ですが、忠誠心が強すぎるが故に問題を起こしていたと言えます。

⇒【エマが生き返る⁉
⇒【キヨマサなぜドラケンを⁉

マイキーに忠誠を誓う

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/23巻引用

三途はマイキーに忠誠を誓っており、その居場所として「東京卍會」入りを果たしています。

しかし二人の詳細に関してはまだ情報がありません。

⇒【稀先がタイムリーパー⁉
⇒【半間とは!?黒幕説!?

武藤 泰宏(むとう やすひろ)

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/15巻引用

「東京卍會」の伍番隊 隊長「武藤 泰宏(むとう やすひろ )」。

通称”ムーチョ”。

伍番隊はマイキーから特務を与えられた特別な隊で「東京卍會」内のスパイのような存在。

「東卍」内で裏切者がいないか調べ、怪しい奴は逐一マイキーに報告されます。

三途はこのムーチョに育てられました。

ムーチョいわく忠誠心が強く腕っぷしもあったそうです。

武藤「三途は思っていたより忠誠心が強く 人一倍 度胸も腕っぷしもあった 半年もたてば 信頼できる副隊長になった」(和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/23巻206話引用)

なお、ムーチョは三途が顔のキズで損しているからとマスクを渡してもあげました。

三途はそんなムーチョを本当の兄貴のように慕いました。

⇒【真一郎とは!?
⇒【太寿の八戒愛が異常⁉

惨殺

ムーチョが忠誠を誓っていた相手はイザナでした。

天竺編では「東京卍會」を抜け「天竺(てんじく)」入りを果たします。

そして天竺決戦を経て少年院に入っていたようで半年後には鑑別所から出所します。

その際にムーチョを出迎えにいったのが三途でした。

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/23巻引用

しかし三途はムーチョを天竺決戦が行われた第7埠頭に連れて行くと、刀で惨サツ。

三途が言うには王であるマイキーを裏切ったあの日からもう詰んでいたとの事。

つまるところ三途の忠誠心は異常で、人をアヤる事さえ厭わない人物だと言えます。

その後、2008年のニュースでムーチョの白骨化した遺体が東京湾で見つかる事になります。

⇒【マイキーにイザナの刺青⁉
⇒【鶴蝶が強すぎる⁉

梵天のNo.2

タケミチが天竺決戦後に訪れた第7の世界線。

そこではマイキー率いる「梵天(ぼんてん)」が巨大犯罪組織として名を馳せていました。

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/23巻引用

三途はこの「梵天(ぼんてん)」のNo.2となっていました。

ここではカプセル(マ薬)のようなものを口にし、裏切者を処刑する三途の姿が確認できます。

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/23巻引用

なおタケミチがマイキーに近づこうとした際もまず姿を見せたのが三途でした。

この後にはマイキーも登場し、タケミチと会話をしますが、No.2の三途から接触している所を見るに、マイキーは三途の忠誠心を信用していたと言えます。

⇒【一虎の深い闇とは!?
⇒【柚葉がマジ尊敬ウーマン⁉

関東卍會

第7世界線から過去へタイムリープしたタケミチ。

すると10年前の高校生時代に戻ってきます(タケミチ14歳→16歳)。

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/23巻引用

そして、この時代ではマイキーが新しく作った「関東卍會」を率いており、そこには三途の姿も確認できます。

⇒【マイキーの髪型色々!!
⇒【真一郎とは!?

3兄妹

和久井健先生/東京卍リベンジャーズ/216話引用

216話からは三途が千咒と武臣との3兄妹であると判明しました。

一番上が武臣、真ん中が三途、末っ子が千咒です。

また千咒が言うには三途は千咒が「梵(ブラフマン)」のトップをはっている事を納得しておらず、また武臣が千咒を持ち上げているのも気に入っていない様子。

⇒【216話で千咒が3兄妹と判明⁉
⇒【三途が腹違い⁉

まとめ

三途はマイキーに忠誠を誓い、その強すぎる忠誠心から度々問題を起こす問題児だったようです。

またその忠誠心の強さは異常で人ごろしも厭わない程。

そして千咒と武臣と兄妹である事も分かりましたが、千咒の事はあまり気に入っていない様子です。

過去には自分が一人っ子であるとも語っていましたが、なぜ嘘をついたのか?

他の2人をもう兄妹として見ていないのか。

引き続き三途の動向にも注目です。

➡【アニメ「東京卍リベンジャーズ」を無料で見る!!】

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。