【十字架のろくにん】53話ネタバレで久我の性癖が露呈!!京に興奮!?杏奈の改心プロジェクトは失敗に終わる!?

今回は「十字架のろくにん」の53話の感想を書いていきます!

前回は久我がもう間もなくでシぬといったところでおしまいになりましたが、次は京のパートへ入っていくのか。

それとも違う展開が待っているのか?

では先を見ていきましょう!

⇒【漆間の強さまとめ!!
⇒【復讐方法まとめ!!

あぁあぁぁ

久我がシャコの激痛に悶える中、漆間は後始末の準備をしていた。

「そろそろか」と中に戻っていくが、しかし、小屋の中に戻ってみると久我が消えていた。

場面が変わると、杏奈が久我を連れ外に脱出していた。

久我・・・大丈夫!?

おー!久我まだ生き延びますか。

そして、助けたのは杏奈。

中武士竜先生/十字架のろくにん/46話引用

心より久我の改心を願うスーパー善人ですね。

まぁ・・・体をボコボコにされてもなお、心変わりしない様はもはや狂人に思えますけど・・・。

中武士竜先生/十字架のろくにん/44話引用

杏奈がここまでするのは幼少期によく遊んでた事や、飴もらった事から本当は優しい人だと思っているからなんですが、しかしそれはあくまで杏奈が京に似ているからに過ぎないわけで、杏奈本人を見ているわけではないんですよね。

そういう意味でも、これを機に久我が改心するのかといわれると、改心しないでしょうね・・・。

となると、杏奈の想いが叶うことはない。

想いがかなわないキャラクターの結末は結構悲しいものが多いですが、杏奈の場合、行きつく先はどうなるのでしょうね。

このまま久我に寄り添っていると地獄を見ることになりそうで、心配です。

⇒【千鶴とは!?漆間と結ばれる⁉
⇒【至極京とは!?女説!?

しっかりして!!

久我に言葉をかける杏奈。

しかし久我は憔悴しきって反応がない。

すると小屋を発見。

そこへ逃げ込む杏奈。

杏奈は久我をおろしてやると、「二人で色々やり直そう」と優しい言葉をかける。

目を覚ました久我だったが、杏奈を京と見間違えていた。

そして、杏奈を押し倒すと「ずっとこうしたかった」と話し、杏奈の衣服を破り始めた。

ずっとこうしたかった

WHAT’S!?という展開になりました(笑)

杏奈は京と近い親戚ですし、顔が似ているので、勘違いするところまではいいですが、「ずっとこうしたかった」発言からの服を破るのはヤバい・・・(笑)

つまり、久我はどっちもいける口だったって事ですかね?

あるいは京にだけ特別な感情を抱いていたとか・・・?

あれだけカリスマ性を持った人物なら、性的な感情も湧き出てきてしまうんですかね?

千光寺、円、右代などからも憧れの眼差しで見られ、男に惚れられる存在ではありましたが、ちょっと不思議な展開です。

中武士竜先生/十字架のろくにん/46話引用

というのも、一回は杏奈をおかそうとしたこともあったんですが、その時は杏奈の顔が京と被って興が冷めてるんですよね。

これは単に状況が悪かっただけなんでしょうか・・・?

それとも実は結構興奮していた・・・?(笑)

なんか難しいですが、何してもキモイとしか言いようがない(笑)

⇒【千光寺の拷問がエグイ!?
⇒【右代の拷問がキツすぎる!!

まとめ

杏奈の助っ人展開から難を逃れた久我でしたが、最後にセイ癖が暴露されましたね。

中武士竜先生/十字架のろくにん/47話引用

というよりは信仰心が変な方向へいっちゃった感じですかね?

何しても杏奈がヤバいことに変わりはないので、どうなってしまうのか。

二人がお楽しみの最中に漆間が来て助けてくれれば良いですが・・・。

後は久我がどうしてこうなったのかなどの回想も描かれてもおかしくないので、そちらの情報に期待ですね。

では続きに期待!

⇒【54話で杏奈が死亡!?
⇒【52話で久我の拷問が確定!!

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。