【彼女、お借りします】調査編は和也からキスされ終了!?千鶴は遂に恋に自覚する!?【29巻感想&評価】

この記事は講談社発行『週刊少年マガジン』で連載中の「彼女、お借りします」の29巻の感想を書いたものです。

前巻では、千鶴からの調査が始まりました。

和也からすれば、これは“恋愛対象”に入った事であり、喜んでいましたが、

しかしまあ先はまだまだ長そうでした…。

また、千鶴の実家では、和也と共にお片付け展開もありました。

日も落ちていましたが、男女2人屋根の下…

ここから先の進展は描かれるのでしょうか?

ではキャラ紹介も兼ねながら感想を書いていきます!

※29巻までのネタバレが含まれるので、先バレが苦手な方は要注意です※

キャラ紹介

今回紹介する主要キャラは3名です!!

木ノ下 和也(きのした かずや)

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/1巻引用

・概要

本作の主人公。

レンタル彼女の「水原千鶴」に恋をする。

久々のデートでは、千鶴から3か月にも及ぶ既読スルーに対する謝罪が入った。

これに対し和也は、千鶴のキスが何だったのか問うと、少なくとも自分の答えた気持ち…

“水原が大好きだ”という気持ちに嘘はないと言うのだった。

しかし千鶴は、

その時の気持ちが自分でよく分からないと返した。

続けて、

仮にそういう関係になるにしても、“好き”だと思ってから臨みたいと言い、

そうして調べるために少し待って欲しいと語った。

これに対し、和也は、

恋愛対象に入ったと有頂天になるのだった。

これ以降、千鶴からのアプローチも増え、夜な夜な ラインをする仲になった。

一ノ瀬 千鶴(いちのせ ちづる)

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/29巻引用

・概要

本作のヒロイン。

『Diamond(レンタル彼女)』に登録しているタレントの一人である。

女優を目指しており、

高給であり、かつ演技の練習になる「レンタル彼女」は最適のバイトだと語っている。

また、ハワイアンズでのキスについては、

和也に対する責任を取るためにレンタル彼女を辞めるつもりでいた。

これ以上、和也やその家族に付き合っているという“嘘”を重ねるのは申し訳なかったのだ。

しかし、和也からは、

そんな事で責任を取られても自分が耐えられないという理由から、辞めることを止められた。

そして、自分の気持ちを確かめる調査編では、

和也と積極的にLINEしたり、舞台に誘ったり、実家の手伝いに呼んだりと、

行動を開始するのだった。

八重森 みに(やえもり みに)

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/15巻引用

・概要

和也のアパート202号室に住む“お隣さん”である。

趣味は、コスプレイヤーであり、自宅では配信もしている。

和也と千鶴の関係を知り、2人の恋が実るように度々行動をしている。

そして、ハワイアンズ以降は、気付けば、

和也が千鶴からラインを既読スルーされている状態に至っていた(約3か月)。

流石の和也も嫌われたと自暴自棄になっていた。

ここで八重森が動くことになった。

八重森は、千鶴に、

なぜ返事をしないのか、事情を聴きに行った。

千鶴は、

和也とるかの関係を尊重しての事で、これ以上 関係を深めると、るかを傷つけることになると語るのだった。

また、キスの件については、自分がなぜあんなことをしたのか分からないとも話したが、

八重森はそれが“恋”だと返した。

そして、その気持ちを知るには、

和也と話すのが最適だと説得するのであった。

こうして和也と千鶴の約3か月に及ぶ沈黙が破られた。

見所

ここからは個人的に面白いと思った名場面を3つ紹介していきます!(名場面は他にもいっぱいあります)

千鶴、キス待ち

まず最初の名場面は、千鶴の実家でのワンシーンです。

千鶴は、実家を売りに出す予定で、片付けがしたいという理由で和也を片付けに誘いました。

片付けも終わると、

2人は横同士 床に座って、アルバムを見始めます。

すると突然、地震が発生。

震度はなかなかのモノで、

本棚からは本が落ちようとしていました。

和也はとっさに千鶴を守ろうとして、立ち上がりますが、

そのままバランスを崩してしまい、結果、和也が千鶴に覆いかぶさる展開になってしまいます。

まあ…ラブコメに良くある超王道のハプニング展開です…(笑)

で…

キスしそうになる2人でしたが、

結局、千鶴が手で防いでしまい、事なきを得ます。

が……

ここから先の展開がいつもと違っていました…

以前べランダで和也が覆いかぶさった時には、

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/8巻引用

千鶴から「どいてよ」と言われる始末でしたが、

しかし、今回では、

千鶴が離れようとする和也を止めて見せたのです。

それは、

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/29巻引用

和也の服をギュっと掴んで…離れるのを止めるという行動でしたが、

これには和也も「自分を受け入れている!?」と想ったほどでした。

なんか…

千鶴が和也に対して、

拒絶反応がないか試しているようでもあり、キスを待っているようでもありました…

普通ならここでキス展開 必至ですが、

結局、千鶴の方から誤かまされます。

それは、

「葉っぱがついてる」と言って、それを跳ね除け、和也も「あぁそういうこと」と言って、

事なきを得るんですが、

明らかに千鶴はOKサインを出していた…

と思える展開でしたね。

という具合に、

早速、“調査期間”のとんでもない展開が一つ描かれたわけですが、

千鶴はもうキスを受け入れる準備が出来ていると言えますよね。

そして、生真面目な千鶴を想えば、

キスは好き同士”でなくては起こりえないでしょう。

ハワイアンズでは、“状況がそうさせた”わけですが、

今後、2人が望む形でのキスとなるコトで、

ようやく千鶴も恋に自覚する事になるのではないかと思えます。

それこそが、

“調査編”の終わりになるんじゃないかと。

そう思えます。

ただ、

ハワイアンズ同様に、

和也がまた千鶴からキスをされるようでは…

流石に男失格と言えるので、

次は和也側からされる展開になるのではないかとも思ってます。

なので、

引き続き千鶴のOKサインに注目していきたいですね。

和也が、

乗り気になるだけのキッカケがきっと幾つか描かれる事でしょう。

アパート崩壊

続いての見所は、アパート崩壊編ですね。

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/29巻引用

地震のせいで、千鶴、和也、八重森の住むアパートは亀裂が入ってしまい、住むのが困難な状況になってしまいます。

せっかく、千鶴も距離を詰め始めて、恋が実りそうだった2人ですが、

これのせいで、離れ離れに。

千鶴と和也は実家へ帰り、八重森はレイヤー友達の家に一旦 7泊する展開に。

結局、このアパートは、和也と千鶴を強く結びつけてくれた恋のキューピットみたいなもんですから、

そこから離れるというのは和也も名残惜しいという感じでしたが、

こればかりはどうしようもないですね…

が…!!

この展開のおかげで、今巻のラストでは和也と千鶴にとって最高の展開になるので、そちらはぜひ、

ご自身の目でご確認頂ければと思います!

千鶴、キスがしたい

続いての見所は、居酒屋でのシーンです。

アパートを追い出された八重森と和也と千鶴は、居酒屋でお喋りすることになります。

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/29巻引用

因みに、和也と八重森は先に飲んでいましたが、和也はもう若干 酔っていました(笑)

それは、和也が千鶴を心配して…

千鶴が孤独になって寂しがっていないのか…

また、寂しがってるのは自分だけなのか…

といったことを語る中で、酒が進んでいたからでしたが、

号泣するシーンでは、

あの八重森も流石に若干 引き気味でしたね…(笑)

でも慰めてあげていたので、優しいという印象でした。

で…

ここに千鶴が遅れて参戦となります。

なお、家では、短パンにパーカーとシンプルな服装だった千鶴ですが、

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/29巻引用

登場したシーンでは、「これからデートにでも行くんか?」というくらいの気合の入った格好での登場でした(笑)

千鶴は、

和也に対して好きという素直な感情をあまり語らないですが、

でも、服装からはもう好きな感情が溢れちゃってるって感じでしたね(笑)

“可愛く見られたい”という気持ちを抑えられてない印象です。

そして、和也の様子を見て、

千鶴も飲む気スイッチが入り、角ハイを注文しだします。

その後も飲み続けますが、数杯飲み終わると、珍しく千鶴も酔う展開に。

ここで、和也からは、

“寂しさとかないの?”といった話しになり、

千鶴からは寂しさは“ある”と返答されます。

これを受けて、八重森は、

“じゃあ2人で一緒に住むのはどう?”と、

2人を結び付けようとする話を持ち出します。

いつもなら、速攻で否定しそうな千鶴ですが、

これには顔を赤らめ…

若干の間をおいてからゴクッとお冷を飲んで見せていました…(笑)

が…まあ流石に実家で2人暮らしは展開が早すぎると思ったのか、

千鶴は、“順序がおかしい”と言って結局 拒否します。

これを受けて、八重森は、

“じゃあキスしてみるのは”と…

また無茶なんだいを言い始めます(笑)

“そしたら分かる事もあるかも”ってな具合でした。

結局、これも拒否されますが、

ただ、

和也が酔っぱらい、寝ていると、

結局、千鶴はキスをしようするのでした…

それは、

本当に自分が和也を好きなのか、確かめるようでもありましたが、

これはもう“好き”と同然だったと言っていいでしょう。

ただまあー!これも(笑)

和也の「水原 大好き」という寝言に邪魔され、されることは無かったですが、

なんかもう、

キスも我慢の限界に達していると思える流れでしたね。

千鶴のキス待ちに始まり、次にキスを仕掛けた千鶴ですが、次のキスシーンではどんな展開となるのかが楽しみですね。

こういった点からも、

“調査編”はキスでもって締めくくられるのではないかと思えます。

⇒【千鶴と和也の共同生活が始まる⁉
⇒【麻美が和也を好きになった節アリ⁉

感想

という事で、29巻の感想は、ハワイアンズのキス意識が強い事もあって、

キスのにおわせ展開が多かった印象でした。

まあ和也と千鶴も、

「あれって結局なんだったの?」ってしきりに確かめ合ってるし、

八重森も2人の背中を押しまくりだし…で、

意識しない方が難しい状況ではあります(笑)

どっちもそういうのが盛んなお年頃ですし。

・理想の夫婦像

また、個人的に面白いと思ったのが、「理想の夫婦像」のお話です。

これは、

和也が千鶴の実家に行った事もあって、

千鶴と家族になれたらいいなと思って、

そして、

千鶴に「理想の夫婦像とかあるの?」と質問をするのですが、

聞き返された和也は、

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/29巻引用

「シぬまでラブラブで、ケンカしたこともありませんみたいな」と…間の抜けた答えをしていましたね。

そして、千鶴ですが、

この質問には立派に答えていました。

それが、

千鶴「完璧な人間なんていないし きっとケンカもすれば お互い気に入らない事だってある…でも その2秒後に 楽しい事があったら すぐに笑い合える そんな夫婦になりたい」(宮島礼吏先生/彼女、お借りします/29巻引用)

という回答です。

そりゃあシぬまでイチャイチャラブラブ出来るに越したことはないが、

それは現実的ではないですし、

関係が長く続けばケンカもほぼ100%起きます。

それは人間の持つ価値観や、時折発生する欲求のすれ違いからくるもので、どうしようもないものです。

でも千鶴は、

そんな時でも、

楽しい事が起きれば2秒後には笑い合えてる関係が良いと話していました。

いや~、素晴らしい回答だな~って実感させられますよね。

結局 和也は、

これに乗っかっただけでしたが、もう……

「本当に情けないな、しっかりせい」と言いたくなる場面で…(笑)

まあ…千鶴は優しいので笑ってくれていましたが、

これが“頼りない”と思われる所以ですよね。

木部に「いつまでもちん〇で恋してんじゃねーぞ」とぶん殴られそうですが…

ん~でも…

この性格は治らないよなぁ…

付き合ってもいない子で〇〇〇ーしちゃうくらい性欲強めですし(笑)

暖かく見守るしかないのかもしれません(笑)

では、次巻から、

和也と千鶴の距離がグッと縮まる展開にならざるを得ないような環境になっています。

そして、さんざん ニオわせてる“キス”展開もあるので、

盛り上がる事間違いなしですが、どんな展開になるか楽しみですね。

更に、ここにるかが参戦してこないとも思えないので、修羅場展開にも期待できます(笑)

では、引き続き「彼女、お借りします」の盛り上がりに期待!

>>【週刊少年マガジンの定期購読を購入する】<<

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。