【シャンフロ】133話ネタバレでクロックファイアの下準備完了!?ビル大崩壊でルーカスとNPCが埋もれて死ぬ!?

この記事は講談社発行『週刊少年マガジン』で連載中の「シャングリラ・フロンティア」の133話の感想を書いたものです。

>>【週刊少年マガジンの定期購読を購入する】<<

前回では、天音永遠のヘリジャックや「プリティー・BB」の技説明が入る中、

まず第一ラウンドはクロックファイアを操作する天音永遠が勝利となりました。

そうして、始まったラウンド2。

次はルーカスの対策に期待ですが、どんな試合となるのでしょうか?

⇒【GGCでは全メンバーでオフ会!?
⇒【玲がクラン脱退か!?

相手に過度のストレスを与えて怒らせ

サンラクからは、ゲームの仕様について説明がされ始めた。

サンラクは、

ヴィランを鉛筆に例え、ヒーローを消しゴムに、

そしてステージを白紙のノートに例えた。

ヴィランは白紙のノートを好き放題汚し、ゲージを溜めるような存在で、

一方でヒーロー側は汚して貰わないと、それを消す事が出来ないので、序盤は不利だと語りだすのだった。

接触する前にどれだけゲージを稼いでおけるか

はい!という事で、

冒頭では、サンラクから、

ひじょーーーーーーに分かり易い!例え話がされましたね。

天才かな?(笑)

ヴィランは鉛筆で、ヒーロー側は消しゴム…と…。

なので、序盤にノートを汚すという、NPCを危険な目にあわせたり、街を破壊できるヴィラン側は有利だけど、

でもその汚し行為はノートというスペースを考えると、限度があって、

しかも汚せば汚すほど、ヒーローの消しゴムの消す役柄が得していく仕様になって、

最終的には追い詰められるというお話しでしたね。

これだけで全ての物事が説明できてしまいそうなレベルでした…(笑)

なので、ヴィラン側の戦法は、

①ノートを汚しまくってゲージを稼ぐ⇒NPCや街を破壊
②ゲージ有利でヒーローと接触したい

というようなお話で、

一方で、ヒーロー側は、

①汚れを消しまくる⇒ゲージを稼ぐ
②ゲージ有利でヴィランと直接戦闘したい

という感じでした。

原作/硬梨菜 漫画/不二涼介/シャングリラ・フロンティア/132話引用

うん…じゃあ市民の犠牲は最低限必要ってこと…?(笑)

ってことにもなりますが…なんか切ないですね…(笑)

そもそもヒーロー側vsヴィランが直接行われるなら、それはもうただの格ゲーになりますしね。

でも、腕に自信がある人なら、とりあえず暴れて、ヒーロー側を誘って、もう戦うなんて事もしそうですが、

後半はそういう流れになるやもしれないですね。

そもそも、メインストーリーは「クターニッドの攻略」なのに、もう「12巻の111話」からほぼ進んでないですしね…(笑)

本ストーリーに関係のなさそうなアトランティス・レプノルカを倒して、

原作/硬梨菜 漫画/不二涼介/シャングリラ・フロンティア/122話引用

塔の仕様の一つが分かったってただです。

「封将」もまだ生きてるっぽいし…

個人的にはこの「ギャラクシア・ヒーローズ:カオス」のお話は面白いですが、

そうでない人からしたら今は苦痛なのかも…?

流石に全員楽しんでるのかな??

⇒【茜の正体が判明!!
⇒【兎御殿にニューヒロイン茜が登場!?

邪魔だ!!

ルーカスはすぐさまクロックファイアとの接触を図った。

ゲージ溜めは放棄しての事だった。

天音永遠は何かを破壊し作業中だったが、直接戦闘からルーカスは、天音永遠が格ゲー自体は苦手であると察知した。

なお、ゲームの仕様で、前ラウンドのフィールド状態やNPCの位置、設置物などは引き継がれる仕様だとも語られた。

そのため仕掛けた順番でしか爆弾を爆破出来ない任意爆破は自分の首を苦しめる事になっていた。

最終的には、ルーカスが天永遠を追い詰めるが、天音永遠は自爆するのだった。

もう…今すぐ ぶっ放したい

はい!という事で、中盤から終盤にかけては、

天音永遠の操作するクロックファイアが追い詰められていく様子が描かれました。

やはり、「プリティー・BB」の仕様は邪魔になっていて、自分の首を苦しめることになっていました。

まあでも衝撃で爆破させられるし?

別に機転は利かせられるでしょうか?

一番、気になるのが、天音永遠の何かを準備する様子ですよね。

それさえあればR3も勝てるって感じで、R2は捨てゲーしていたほどです。

で、

準備の様子ですが、建物の柱を爆破していたように見えたので、

これは……

原作/硬梨菜 漫画/不二涼介/シャングリラ・フロンティア/12巻引用

以前に語られたことのある高いビルを崩壊させる展開となるやもしれません…(笑)

そうして、ルーカスに助けを求めるNPCとルーカスともどもをクシャクシャといって、

R3勝利は天音永遠の勝利となりそうです。

これは…

また、会場から悲鳴がこだますことになりそうな……(笑)

原作/硬梨菜 漫画/不二涼介/シャングリラ・フロンティア/12巻引用

ただ、それだとクロックファイアの超必殺技が見られないので、そちらにも期待ですね。

次に控えているアレックス戦に取っておくとかなのかな…?

というかこのままいくと“12巻の後半”から始まった「ギャラクシア・ヒーローズ:カオス」で、

13巻も「vsアトランティス・レプノルカ」以外は丸々埋まって、

そんで135話まで掲載予定の14巻も丸々「ギャラクシア・ヒーローズ:カオス」で埋まる事になります。

なんなら…

カッツォvsシルヴィアを考えたら、135話の先の15巻でもまだ「ギャラクシア・ヒーローズ:カオス」の話をしていそうですよね。

まとめると、

「12巻」⇒106話~115話
・111話で“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”開始
・112話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”
・113話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”
・114話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”
・115話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”

「13巻」⇒116話~125話
・116話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”
・117話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”
・118話でvs“アトランティス・レプノルカ”開始
・119話でvs“アトランティス・レプノルカ”
・120話でvs“アトランティス・レプノルカ”
・121話でvs“アトランティス・レプノルカ”
・122話でvs“アトランティス・レプノルカ”
・123話でvs“アトランティス・レプノルカ”終了
・124話から“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”再開
・125話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”

「14巻」⇒126話~135話
・126話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”
・127話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”

・128話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”
・129話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”
・130
話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”
・131話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”
・132話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”
・133話“ギャラクシア・ヒーローズ:カオス”
・134話(次回)

「15巻」⇒136話~145話
・カッツォvsシルヴィア的にまだ続く…

こんな感じなんですが、

もう「シャングリラ・フロンティア」の話し全然やってねぇー…(笑)

マジでもう別漫画や(笑)

或いは、描かれるバトル展開が「シャンフロ」でも活用されるのかもですね。

ではでは、引き続き「シャンフロ」の展開に期待です。

>>【週刊少年マガジンの定期購読を購入する】<<

⇒【134話で高層ビルのドミノ倒し⁉
⇒【132話で天音永遠の外道っぷりが加速!!

こちらの記事も読まれています

2 comments

  1. このGGC編は原作でもトップクラスやな盛り上がる話しなので
    じっくり丁寧に書いてくれるのは原作勢からしてらありがたいかぎりですね。

    1. コメントありがとうございます。なるほど!!
      その言葉を聞いて安心しました!
      自分も楽しめたらと思います!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。