【甘神さんちの縁結び】89話ネタバレで舞昼のふ~んに深い意味!?瓜生はお見合いの結果、惚気ただけ

この記事は講談社発行『週刊少年マガジン』で連載中の「甘神さんちの縁結び」の89話の感想を書いたものです。

前回では、夜重とのデートが描かれ、ちょっと闇も垣間見えましたが、

今回では舞昼とのドライブデートになると予告されていました。

一体どんな展開となるのか…?

まさか最終的に舞昼と結ばれるとでも言うのでしょうか…?

では、感想を書いていきます!

⇒【瓜生に隠された正体がヤバい⁉
⇒【瓜生は此の世の唯一の生き残り⁉

…参ったな

瓜生はお見合いを経て、3人に対する想いが増すばかりだった。

そのせいもあって、模試の結果も届いていたが、対策が疎かになった気がすると結果を見れないでいた。

そんな中、運転免許を取ったばかりの舞昼と鉢合い、家まで送ってもらう事になった。

マックに寄った後、ベンチでは瓜生が舞昼に人生に悩んでいる事を打ち明けたが、

舞昼は模試結果を取り出すとA判定だった事から、そのままで良いと助言してあげるのだった。

いつも見守ってくれてありがとう

はい!という事で、

今回は舞昼とのドライブデートってことで、

瓜生と舞昼の進展が描かれました。

内藤マーシー先生/甘神さんちの縁結び/9巻引用

まあ…まず三姉妹とのお見合い結果に触れますが…

結果は三人とも好きになったという事で、優劣はつかなかったですね…(笑)

「なんやねんそれ」ってツッコミたかったですが、ただの惚気話を聞かされてる気分でした(笑)

で~、

個人的には、

お見合いだけで言うと、

夕奈のあのラストシーンが一番印象に残っています。

本当は喜んでいるのに、

その顔を瓜生には見せていないというあのアングルの表情はズルい(笑)

で、今回は、

瓜生と舞昼のドライブデートでしたが、

ここでも互いにトキメキ合うラストでした。

舞昼的には、たまたま会っただけだよ~って感じでしたが、

でも瓜生的には、

いつも困ってる時はそうやって支えてくれたから、

今回も偶然にせよ、

「そういう所に助けられてます」という意味も込めての、

「いつも見守ってくれてありがとう」でしたよね。

一方で、感謝を伝えられた舞昼的には、

内藤マーシー先生/甘神さんちの縁結び/1巻引用

瓜生は元々素直じゃないから、

児童養護施設時代でも素直に感謝の気持ちを伝える事もしなかったのだと思いますが、

でも今では素直になって感謝の気持ちも伝えられるようになって、

「成長したね…」って感じでしたよね。

また、お守りを渡したシーンでは、

神を信じない性格から、神様を大切に思う心構えまで身についていたと分かった訳ですが、

これは母親に似てきた?と思う所もあったのか、

色んな意味合いがこもった「ふ~ん」だったのではないか、とも感じました。

そもそも舞昼は、

瓜生・母から何か伝えられていそうですよね。

見守っている事が偶然でないとしたら、瓜生の事を見守ってあげるよう言われているのかもいれませんし。

結局、舞昼は、

瓜生の秘密を知る重要人物っぽさがあって、

そのために登場回数も少ない気がしますが、

大学に入った後には、色んな噂話とか、伝説が聞けそうなので、

この2人の進展については、瓜生の京都大学医学部編に期待ですかね。

なのでこの2人は師弟愛って感じで描かれていくんじゃないかと思えます。

流石に、ラブラブはヤバいよね…(笑)

では89話の感想でした!

>>【週刊少年マガジンの定期購読を購入する】<<

⇒【90話で朝姫が夜のホテルへ⁉
⇒【88話で夜重の絵に闇あり⁉

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。