【甘神さんちの縁結び】91話ネタバレで夕奈が助勤巫女のアルバイト募集!!年末年始では歌を披露か!?

この記事は講談社発行『週刊少年マガジン』で連載中の「甘神さんちの縁結び」の91話の感想を書いたものです。

前回は、瓜生と朝姫の進展が描かれましたが、

ここからまたヒロインレース再開となる雰囲気が出てきました。

では、次は一体誰となるのでしょうか?

感想を書いていきます!

⇒【瓜生に隠された正体がヤバい⁉
⇒【瓜生は此の世の唯一の生き残り⁉

巫女募集…?

夕奈は助勤巫女(アルバイト)の面接があるからと張り切っていた。

年末年始は忙しいし、宮司になって神社を大きくするためにも必要な事とのことだった。

しかし、変になっていた夕奈は不調だった。

そうして、もっと自分を磨く必要があると悟るのだった。

面接の練習に付き合ってくれないか…?

はい!ということで、

今回は夕奈回でした。

もうこれは夕奈の定番の流れで、

①変になる
②緊張ほぐれる
③ラストのシーン

という流れのままでしたね(笑)

で、今回は面接官という事で、面接相手以上に緊張していましたが、

まあ朝姫はまだ高校生ですし、確かに本人の言うように、

人の上に立つ存在としては、まだまだ経験不足なのかもしれません。

朝姫に必要なのは、自信ですよね。

そしてそれをつけるための経験と実力。

また、

年末年始で大忙しにいなるっぽいですが、

ここ成功を収めれば、自信もつくことになるのではないかと思います。

内藤マーシー先生/甘神さんちの縁結び/9巻引用

恐らく、

カラオケでの歌姫っぷりが披露されるんじゃないかと思ってますが、

そういう意味では成功は約束されている気もしますね(笑)

しかいま~、

歌がうまい巫女ってマジでモテ要素しかないですよね…

巫女ってだけで、純粋で神秘的で清潔感の最上級って雰囲気があるのに、

透明な歌声まであるっていうなら、もう男はこれだけでイチコロでしょう…

既に甘神神社の三姉妹はSNSを活用したことで、有名ですが、この歌が披露されることとなったら、

更に多くの人の目につく事になると思うので、

“歌姫”とかって呼ばれ始めそうですよね。

朝姫には、「薄明の走り姫」という異名がありますが、残りの二人にも何かしらつくことになるのではなかろうかという雰囲気もありますし。

そうなると、残すは夜重ですが、こっちは芸術家として、花を咲かせるんですかね??

自由奔放だし、「自由の女神」とか…?

いや…ダサいな(笑)

ではでは、

ヒロインレースは、

朝姫⇒夕奈と来ているので、

次は夜重との進展が描かれると思いますが、引き続き展開に期待です!

>>【週刊少年マガジンの定期購読を購入する】<<

⇒【92話で夜重の芸大生活が暴かれる⁉
⇒【90話で朝姫が夜のホテルへ⁉

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。