【ブルーロック】219話ネタバレで愛空もメタ・ビジョンに半分だけ覚醒か!?次のゴールはカイザーか雪宮!?

この記事は講談社発行『週刊少年マガジン』で連載中の「ブルーロック」の219話の感想を書いたものです。

前回では、二子の覚醒や、潔から“メタ・ビジョン”の説明がされたり、あとはイライラするカイザーが描かれたりしましたが、

最後は國神がボールを持つ展開となりました。

はたしてゴールできるのでしょうか?

では、感想を書いていきます!

⇒【潔xノアが激熱過ぎた!!
⇒【凪とレオが16巻ぶりに仲直り⁉

クソコピ きんにくん…⁉

國神はシュートフェイクを入れながら、ドリブルで切り込んでいく。

しかし、その先の行動を二子と潔が「超越視界」でとらえており、國神のボールを奪いに行く。

結果、潔がボールを獲得。

二子はライチが壁となったことで阻まれる。

潔曰く、二子の浅く二流とのことだった。

まだ二流!!!

はい!ということで、

冒頭は國神のボールを奪うせめぎあいでしたね。

仲間と敵での…(笑)

もう「いやいや…潔、お前 味方やろ??」のツッコミはもはや不要なレベルでした。

また、潔のメタ・ビジョンの説明では、

二子の“メタ・ビジョン”は

二流で、まだ慣れる必要があるって感じでした。

やはり、“メタ・ビジョン”にも段階があるっぽいですね。

原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/ブルーロック/23巻引用

これは、目の絵が描き方で表現されているようですが、

二子のはまだレオみたいな綺麗な縦線で、

潔は複雑に線がグニョグニョしてます。

でも今回の潔の目は割と綺麗に見えたので、意識して描いている訳ではないのかな??

一応、潔と二子とでは、白と黒の塗が逆で、潔の方が密度的に色が濃いですが、

そこで差別化していくのかもしれません。

そして、“メタ・ビジョン”に段階があるなら、

潔もまだまだ進化すると思いますが、

こういうのって最終的にはシンプルに行き着くんで、

最後のほうでは真っ白の目か、真っ黒の目とかになってそうですよね(笑)

或いは髪が白くなるなり…何かしらまだ変化は残っているかと思います。

原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/ブルーロック/21巻引用

あとは、“メタ・ビジョン”で相手の球を止めることを、

潔の場合は「超越破壊点(メタ・バーストポイント)」と言っていますが、

二子の場合は「意識欠落点(チェックメイトポイント)」でした。

ここも技名が変わってくるのが面白い所ですね。

⇒【潔が遂に世界クラスの覚醒!!
⇒【カイザーの強さの秘密がヤバい!!

看破!!あと2枚――

潔は黒名との惑星連携で十兵衛を抜く。

しかし、その先には“超越視界”に覚醒した愛空が待っていた。

更に愛空は潔の左足のシュートを読んでおり、潔は詰みの状態となる。

そこに右から上がっていく雪宮がボール出しを要求するのだった。

出せオラ!この泥船に!!

はい!ということで、中盤から終盤にかけては、

潔がボールを持ってゴールに向かうも、

愛空に邪魔されちゃうという展開になりました。

こちらも予想通りで、やはり“超越視界”に目覚めていましたね。

原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/ブルーロック/16巻引用

そもそも似たようなことをしてましたから、当然っちゃ当然です。

むしろ、先に使っていた割には、本質を見極めるのが遅かったなと言いたいくらい(笑)

なお、愛空の目はよく見ると、

左目が二子風の線で、右目が潔チックな書き方になっています。

こちらもまだ覚醒半分っていう表現なのかもしれません。

なので、

愛空は1.5流?ってことなんかな…?(笑)

そのうち、両目が潔みたくなったら、完全な覚醒とやるやもしれませんね。

で、

今回 重要だったのが、潔の左足のシュートの精度が分かったことです。

愛空曰く、せいぜい40%程度とのこと。

潔からフリーじゃないと撃てないと言われています。

原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/ブルーロック/212話引用

一応、前回の左足シュートは、ネスの妨害がありましたが、あの程度ならいけるって感じなんかな?

ノアはこれが常時完璧に100%ってんだから、そりゃあ世界一にもなりますわな…

まあ…潔も残すはその40%を100%にするだけですがね…!(笑)

そしてそして、

ラストのほうでは雪宮が右サイドから上がっていきましたが、

原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介/ブルーロック/209話引用

状況的には、潔があと壁が2枚と言って、

その2枚の十兵衛とアブディ(モブ)を抜いた後に、

予想害の壁の愛空が来たって感じなので、

潔がパスを出せば、幸宮はフリーでシュートが撃てるので、よっぽどゴールは入ります。

で、2-1になって“スターチェンジシステム”でスナッフィー参戦までが王道展開でしょうか。

ただまー、

イライラするカイザーが前回には描かれているので、

活躍フラグがあります。

なので、

この雪宮のボールをカイザーが、「超越突破点」で奪ってくるシナリオもあります。

そうなると、ネスがうまいことロレンツォを止めてるってことになるのか?

あるいはそこのロレンツォvsカイザー&ネスが描かれる形で、

最後にカイザーが持っていくってのもありえそうです。

で、潔とカイザーのゴール数勝負は1-1になって、

ラスト1ゴールで大盛り上がりって流れでしょうか。

ゴールが入るなら、これのどちらかの流れになりそうですよね。

でも…

セクシーフットボールは??(笑)

今回やっと出番でましたが、壁になっただけ…(笑)

俺はセクシーフットボールがが見たい…!!

意味不明すぎてみたいんです(笑)

セクシーバーストポイントとか、セクシーフェイクカットインとか、

その派生も色々 期待できますし……

ダメか…??

ではでは!

次の得点はカイザーか?雪宮か?

或いは愛空の眼によって止められるのか?

そろそろゴールが決まりそうなので、次回の盛り上がりに期待!!

>>【週刊少年マガジンの定期購読を購入する】<<

⇒【220話でカイザーのシュートがエグイ!!
⇒【218話で潔たちが負けるフラグ⁉

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。