【甘神さんちの縁結び】97話ネタバレで三姉妹の仲の良さは仮初!?壬生よし乃の眼が鋭い!!

この記事は講談社発行『週刊少年マガジン(2023/29号)』で連載中の「甘神さんちの縁結び」の97話の感想を書いたものです。

本編を読んだ方向けの記事となっていますので、読んでいない方はぜひお読みになってからご覧下さい。

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

前回では、瓜生が朝姫のためにミサンガをプレゼントしての終了でした。

はたして、駅伝は成功となるのか?

では、感想を書いていきます!

⇒【瓜生に隠された正体がヤバい⁉
⇒【瓜生は此の世の唯一の生き残り⁉

やーやー あなたが噂の壬生さんですね

甘神神社では、三姉妹と壬生と瓜生が揃い、それぞれが仕事に励んでいた。

朝姫はミサンガについて突っ込まれたが秘密にした。

また壬生は瓜生を取り巻く4角関係に早速 勘付いていたが、この関係性に疑問を感じてもいたのだった。

その後も、三姉妹を観察する壬生は3人が本当に三姉妹なのか?と瓜生に疑問をぶつける。

それは、何だか三人が関係性を保つために、気遣っているように感じるとの事だった。

確かにな…夕奈と朝姫は夜重の親父のことも知らないわけだし

はい!

という事で、今回は、

鈴緒結びをした事もあって、和めるシーンもありましたが、

内藤マーシー先生/甘神さんちの縁結び/94話引用

どっちかというと壬生の洞察力の鋭さが光る回でした。

そのせいで、後半は不穏な空気が流れていましたね(笑)

壬生は、3人を見て、

「本当に姉妹なのか…?」

「三人共なんだか気遣っているような?」

といった疑問を抱いていましたが、

いやいや(笑)

洞察眼ありすぎでしょ(笑)

正解なんだよなぁ…

現状だと、3人の両親については、謎が多く、

夜重は父も母も登場しましたが、闇が深いんです……

そもそも3人とも孤児扱いで甘神神社に引き取られているので、

全員にそれぞれの闇があります。

内藤マーシー先生/甘神さんちの縁結び/7巻引用

これは夜重からも語られた事ですが、

そのせいもあって、

三人は互いの深い所に踏み込めないそうです。

言うたら手探り状態で付き合いをしている訳ですが、

どうしても気持ち悪さが残るのも事実です。

でも個人的には、

「じゃあ何でもかんでも聞けばいいのか?」

と言われるとそれも違うと思うので、

キッカケやタイミングが大事だと思うんですが、

それを今後とも瓜生が間に入って、

クッション的な役割を担いつつ、

3人の仲を取り持っていく事になるのではと思います。

人間だれしも、人に言いたくない事だってありますからね。

それを無理矢理、

良心のつもりで聞き出そうというのは浅はかです。

本人が喋って気持ちを晴らそうとしていた場合は良いですが、

ここの判断が激ムズです……(笑)

慎重に動く必要があるように感じます。

で、最後の方では、夜重がいなくなっていたので、

まずは夜重の有耶無耶を解決する事になりそうでしたよね。

実際、3人の中でも夜重が一番 分かりやすくて、

父と母も登場していますから、

まずは夜重編となるでしょう。

後はこのイザコザに瓜生や、

朝姫や夕奈が首を突っ込みつつ、

トラウマやらを解消しつつ、

より関係性が深くなっていけば万々歳ですね。

そうして、いつしか壬生からも、

前のは勘違いだったみたい、3人とも本当に仲の良い姉妹ですね、

的な発言に切り替わっていくのではないかと思います。

しかし、まぁ~話を掘り返すようであれですが…

壬生は見る目がありますよね(笑)

とても16歳には見えない(笑)

甘神神社の経営担当で入っても良いんじゃないか…?(笑)

ではでは、次から早速もう三姉妹の深い所に踏み込んでいくのか?

それとも一旦 駅伝となるのか?

引き続き面白い展開に期待です!

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

⇒【98話で夜重がキス、そして消える⁉
⇒【96話で朝姫が優勝確定の意味深発言⁉

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。