【呪術廻戦】227話ネタバレで五条の“無量空処”連発はヤバい!?乙骨の不安とは!?生得術式に問題か!?

この記事は集英社発行『週刊少年ジャンプ(2023/31号)』で連載中の「呪術廻戦」の227話の感想を書いたものです。

本編を読んだ方向けの記事となっていますので、読んでいない方はぜひお読みになってからご覧下さい。

>>【ジャンプの定期購読を試してみる】<<

前回は、五条が「伏魔御厨子」を反転術式で治癒したり、「簡易領域」で対処しながら、宿儺と格闘戦を繰り広げました。

最後は0距離の「赫」を浴びせましたが、まだまだ宿儺に分がある雰囲気です。

このまま五条は敗北してしまうのか?

では、感想を書いていきます!

⇒【真希の鬼人化がヤバい!!
⇒【来栖華と伏黒の意味深な関係とは⁉

反転術式で焼き切れた術式を治癒…………?

宿儺vs五条を見ていた日下部、乙骨らは、五条が反転術式で焼き切れた術式を治癒していた事に驚いていた。

決して不可能ではないが、しかし乙骨は本当にそんな事が可能かと疑問も抱いていた。

その後、五条は外の攻撃に強い条件を付与した「無量空処」を展開。

二人は再度接近戦になるが、宿儺は展延を駆使しながら戦った。

そして、この「無量空処」は、

宿儺が自身の領域の「必中効果」を消した事で、

攻撃力を底上げする形で再度破壊された。

なお、五条はこの際の斬撃における必中効果は、「落下の情」で防いだ。

その後、五条は三度目となる領域展開を再度発動。

次は、五条は領域を限りなく小さいものにし、結界は小さな玉のような形状となった。

ちっっっっさ

はい!

という事で、まず最初の感想は、

やっぱり宿儺つえー!ですね(笑)

唯一 呪物に転ずる方法を体得しただけあって、

呪力や呪術に対する理解度が段違いです。

五条は六眼という優れた目を持っているのでしょうが、

経験値の差が出ていると言わざるを得ません。

ただ、五条のチート具合も目立っていました。

五条ですが、なんと…

焼き切れた術式すらも反転術式で治癒できちゃうらしいです。

そもそも反転術式とは、

芥見下々先生/呪術廻戦/10巻引用

-(呪力)x-(呪力)=+(反転術式)

という設定のモノで、

呪力を大量に消費する行為です。

石流「反転術式は厄介だが 呪力の消費がハンパじゃない 黒漆死 烏鷺 俺の決めた技を何度も受けて その度に使っていた漸く 底が見えてきたな 乙骨」芥見下々先生/呪術廻戦/20巻引用

なので、本来なら、連発できないんですが、

ただ、五条は呪力を切れを起こしません。

乙骨「先生には「六眼」があるから 術式を発動した時のロスエネルギーが限りなく0なんだ パフォーマンスではやっぱり先生が1番だよ 僕に呪力切れはあっても 先生にはないしね」芥見下々先生/呪術廻戦/16巻引用

これが、反転術式を連発出来ている理屈です。

で、術式が焼き切れるという状態は、

領域展開を使用した際に起こるオーバーヒートみたいな状態ですが、

「領域展開後は術式が焼き切れ使用が困難となる」芥見下々先生/呪術廻戦/20巻引用

設定上は術式が使えなくなるという説明しかありません。

術式は、生まれ持つ生得術式に呪力を流す行為ですが、

五条はこの“生得術式”すらも反転術式で五条は治癒してきた…

というのが今回の流れです。

そうなると、術式の焼き切れというのは、あくまで、

“生得術式”が機能していない状態なのであって、

呪力は流せるっぽいです。

という感じで五条のやってる事は、理論上は可能ですが、

仮にそれが出来るなら、領域展開の連発も可能となりますので、

はい、チート決定です(笑)

芥見下々先生/呪術廻戦/21巻引用

一応、似たような事を秤もやってるんですが、

こっちパチンコで当たりを出さないといけないという“運”という縛りによって、

その能力値を底上げしてるので納得がいくんですが、

でも五条の方は、

乙骨が

“本当に大丈夫なの?”

みたいな感じで疑問を抱いていましたよね。

個人的にも乙骨派で、

このままだと何も問題が生じるんじゃないかと思ってます。

で、仮に問題があるとしたら、

焼き切り過ぎた“生得術式”にエラーが起きるパターンです。

焼いた肉を食べては、残りを冷凍して~、

ほんでまた肉を焼いては食べて、そして残りを冷凍して~、

って繰り返したらいつかは、肉が不良品になっていきます。

少なくとも“質”は下がります。

五条の術式は、本作でも最高級レベルですが、

しかし、この乱用をしていけば、似たような事が起こるのではないか?と思えます。

万能なものなんてこの世にありませんからね。

なので、これが決定打となる可能性はありうるので、

五条は早々に片をつけない気がしています。

で、最後は、五条が術式範囲をギューっと小さく絞ってましたが、

理論的には、

内も外もダメなら極小にしてしまって内も外もなくしたみたいな事をしたのでしょうね。

それがどう機能するかは分かりませんが、

結局やってる事が“受け”なので、

それが何にせよ、宿儺を倒すには至りません。

まあ…結局、五条が、そんなジリ貧の状態なのに、

ピンピンしてる宿儺が結局一番ヤバいんですよね(笑)

というか…

宿儺の十種影法術がみたい(笑)

特に魔虚羅を召喚して欲しい。

これをしたら、五条が負けちゃうから描かないんですかね?(笑)

魔虚羅は、

芥見下々先生/呪術廻戦/14巻引用

初見の技は食らうけど、

それ以降は絶対に対処するマン

という化物ですが、

これが事実ならもう、

「赫」も「蒼」も「茈」も見せた五条は既に負けているようなモノです。

しかもまだフーガもありますからね?

マジで、どうやって勝つか知りませんが、この辺の設定を考えるに、

五条は絶対勝てません。

勝つなら覚醒するのでしょうが、

現状の流れを見る限りだと、付け焼き刃みたいな事ばかりしてるので、

まだまだ全然 倒せそうもない印象。

芥見下々先生/呪術廻戦/9巻引用

因みに一番の取って置きの「茈」は、

順転と反転に術式の無限を組み合わせる事で生まれる虚式という設定ですが、

もう一個上の新技を見せないと、宿儺の打破は敵わない気がします。

それこそ、虚式と虚式を掛け合わせた必殺技みたいな、

そんくらいヤベー奴を描かないと無理な気がします。

ここはまあ…作者の腕の見せ所ですが、

どちらを勝たせるのかが見物ですね…本当に。

個人的にはどう考えても宿儺が勝つでしょって感じですが、

引き続き決着を追っていきたいですね。

ではでは、面白くなる展開に期待です!!

>>【ジャンプの定期購読を試してみる】<<

⇒【228話で魔虚羅が出て五条が詰む⁉
⇒【226話で五条が弱い⁉宿儺の御厨子に秘密アリ⁉

こちらの記事も読まれています
人気の考察&まとめ記事

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。