【シャンフロ】139話ネタバレでシルヴィアが最強過ぎた!!遂にサンラクが出るも負ける前提!?

この記事は講談社発行『週刊少年マガジン(2023/31号)』で連載中の「シャングリラ・フロンティア」の139話の感想を書いたものです。

本編を読んだ方向けの記事となっていますので、読んでいない方はぜひお読みになってからご覧下さい。

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

前回では、シルヴィアが高速の動きを見せ、

R1を奪っての勝利でした。

はたして、ペンシルゴンは第2Rで一矢報いる事ができるのでしょうか?

では、感想を書いていきます!

⇒【GGCでは全メンバーでオフ会!?
⇒【玲がクラン脱退か!?

ラウンド1では為す術なくやられてしまったNonName選手でしたが

シルヴィアvsペンシルゴン。

2R目は、トラップだらけの屋内での戦闘となった。

しかし、シルヴィアはトラップを回避しつつ、

民間人も助けながら、ペンシルゴンに攻撃を食らわせていた。

その後、【おはよう私の道化師】から飛散された爆弾を全部回避し、

ペンシルゴンに一撃を決め勝利となった。

ペンシルゴン曰く、シルヴィアはウェザエモンに俊敏性+100を与えたような動きなのだと言う。

そして、サンラクは、二人の戦いを見てあるキャラを使う決心をする。

負ける為に挑まなきゃならないんだからな

はい!

という事で、ペンシルゴンvsシルヴィアですが、

“巻き”って感じで、速攻終わりました……(笑)

原作/硬梨菜 漫画/不二涼介/シャングリラ・フロンティア/136話引用

まあ…ペンシルゴンのやれることも決まってますし、

ルーカス戦やアレックス戦でやったことの二番煎じになるので、

パパーッと終わった印象です。

で、ペンシルゴンも言ってましたが、だったら最低限

“シルヴィアの情報を引き出したかった”

って事で戦っていましたが、それすら敵いませんでした…

なので、次のサンラクvsシルヴィアは、

お互いに特に情報のない初見同士での戦いみたいなモノです。

アドバンテージがあるすれば、

シルヴィアの動きを事前に見ているサンラク側にありますが、

大した差にはならないでしょう。

で、

気になるのはサンラクの話した

“アイツを使う決心”

という話しですが、これは、

原作/硬梨菜 漫画/不二涼介/シャングリラ・フロンティア/12巻引用

時間稼ぎが目的なので、

それに沿ったキャラとして防御や回避に特化したキャラを使うって判断なのか、

それともそれがダメだったペンシルゴンを見て、

逆に俊敏性や攻撃に特化したキャラを使うって判断したのか、

って事になると思いますが、

個人的には後者なのではないかと思いました。

原作/硬梨菜 漫画/不二涼介/シャングリラ・フロンティア/12巻引用

そして、使うキャラが何か?と言われれば、

これはメインであろう「ランゾウ」になるでしょう。

「シャンフロ」でも二刀流を使うサンラクですが、

自身のポテンシャルを最大限まで引き出すなら、それと似た二刀流キャラを選ぶ以外ない…

何より、この「ギャラクシア・ヒーローズ:カオス」でシルヴィアvsサンラクが描かれるのも、

今回が最後となってもおかしくありません。

以降は「シャンフロ」の話に移るでしょうからね。

という事を考えてもサンラクがここで出し惜しみをする理由がないので、

シルヴィア(ミーティアス)vsサンラク(ランゾウ)になるかなーと思っています。

ただ、悲しいのが、

サンラクが負けるつもりで挑もうとしている点…

個人的には全力でやってもいいんじゃないか?と思うんですが、

原作/硬梨菜 漫画/不二涼介/シャングリラ・フロンティア/117話引用

カッツォを立てることだけは絶対厳守なんでしょうね。

友情の深さを感じますが、

そうなると、ペンシルゴンが担おうとした、

“情報を引き出す役”は、サンラクが担う事になりそうです。

結局、勝たないならそれくらいしかできない。

その場合には、シルヴィアの攻撃の癖の一つや二つくらいは見付けて欲しいですが、

ただ、この情報をカッツォが欲しがるかはまた別問題なんですよね(笑)

カッツォのプライドが高いなら、

「俺には俺の策があるから、ありがとう」

的な事を言いそうでもあります…(笑)

一応、彼らとは違ってプロゲーマーですし、自分だけの力で勝ちたいはずですからね。

まあでも「シャンフロ」が協力プレイである事を考えるに、ここは協力しても良い気もします。

これはカッツォがどう受け答えをするかが見物です。

その返事次第では、以降の「シャンフロ」での動きもある程度わかりそうなので。

ではでは!!

次回は大本命のシルヴィアvsサンラクが開幕となりますが、

ウェザエモンを攻略したサンラクとあれば、

スピードにはついていけると思いますが、

しかし、操作性も違えば、

vs人における心理戦も相手は全米No.1でその点に長けています。

一応、便秘やネフィリム・ホロウにて、対人戦もこなしているサンラクですが、

次元が違うでしょう…

唯一、アドバンテージがありそうなのが、

エナジードリンクを飲んだ点ですが、

これのおかげで頭が冴えて、

シルヴィアを本気にさせられれば及第点ですね。

ようやく出番となるサンラク。

どんな戦いを見せるのか、

盛り上がるような期待です!

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

⇒【140話でサンラクがカースドプリズンを選択⁉
⇒【138話でシルヴィアに勝てるのはサンラクだけ⁉

こちらの記事も読まれています

2 comments

  1. (原作があるのになんのための考察してるんだこのページ、、、???)

    1. ん~…それはつまり原作で先の展開を見ればよくないって話ですか?
      そもそも全員が原作読んでるわけじゃないですよ…?^^;;
      漫画から興味を持って原作行く人だっているでしょうし、もうすぐアニメ化もされますが、それも同様です。
      そして、感想を書くに当たって先の展開がどうなるか気になるからそれも書く。
      自分で考えるから楽しいのです!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。