【彼女、お借りします】289話ネタバレで海が千鶴を好きと確定!!水原を好きな和也が最終的に取られる可能性アリ!?分が悪い訳じゃない?

この記事は講談社発行『週刊少年マガジン(2023/31号)』で連載中の「彼女、お借りします」の289話の感想を書いたものです。

本編を読んだ方向けの記事となっていますので、読んでいない方はぜひお読みになってからご覧下さい。

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

前回は、海くんがお線香と挨拶をかねて千鶴の実家にやってきました。

そして、帰り道でのタクシー待ちの最中では“好き”とまさかの告白。

はたして、千鶴はなんと返事をするのでしょうか?

では、感想を書いていきます!

⇒【なんでも券はいつ使われる⁉
⇒【和也と千鶴が結ばれない伏線あり⁉

正直 驚いたよ 彼とそんな事になってるなんて

海はバーベキューの時も言ったけど、すぐに返事が欲しい訳ではないと続けた。

告白を受け、返事をしようとする千鶴だったが、

海はその答えを遮った。

海的には、分が悪いと思っているようで、

もう少し好きでいる時間が欲しいとの事だった。

そうしてタクシーに乗り帰っていった。

その後、家に帰る和也と八重森だったが、和也は放心状態となるのだった。

なんか涙が…

はい!

という訳で、

衝撃の告白に続き、

その後の千鶴と海の会話が描かれましたが、

海の一方的な会話となっていました。

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/21巻引用

しかし、この会話からは、

バーベキューの時にも告白をしていた事が判明しました。

意外と早い段階から告白をしていた事になりますが、

こちらも衝撃の事実ですよね。

千鶴からは告白を受けたと感じられる素振りが全くありませんでしたから…

因みにこのバーベキューは10月くらいのお話になるんですが、

今はもう4月な訳ですから、

つまり、

海は半年以上 “返事待ち” 状態という事にもなります。

海も、中々図太い神経を持っていますよね(笑)

普通、どちらでもいいから早く返事が欲しいものですからね。

気が持たない(笑)

で、

海は分が悪いから、“引き延ばし”をしましたが、

その間に、

好きになってもらうよう、色々画策するつもりなのでしょうか?

なお、分が悪いと思った海ですが、

個人的には、

海は“ちづる”を好きになっているのに対し、

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/287話引用

和也は未だに“水原”が好きと言っているので、

海は分が悪いか?

と言われると決してそうでもない気もしました。

だって、水原はあくまでレンタル彼女の仮初の姿なのであって、

本当の名前は、

“一ノ瀬 千鶴”

です。

和也がこの認識を変えない限り、

結ばれる事もないでしょう。

そういう意味でも、

海に取られる可能性だって捨てきれない。

まあ…まさかこの漫画の最後の最後が、

海と千鶴が結ばれて終わるなんてエンドになるとは思えませんが、

でも、

恋愛映画とかだと、必ずしもハッピーエンドになる訳でもないですし、

主人公とヒロインが結ばれない展開だって普通に溢れています。

なので、まだまだどうなるかは分かりません。

後は、千鶴が何て返そうとしたのかも気になります。

告白を受けて、

“その事なんだけど…”

という文言からスタートさせた訳ですが、

“なんだけど”という肯定ではない、

“引き延ばし”か“否定”を連想させる言葉からして、

“OK”でない事は分かります。

海的にも、

この言葉の始まりの流れの悪さを感じて取って、

言葉を遮った訳でしょうし、

まあ…その点を考えると超反応でしたけどね(笑)

で、“引き延ばし”だった場合には、

“もうちょっと考えさせて”

とかだったんじゃないのかなーと思ってます。

漫画の傾向的にも、

“引き延ばし”傾向にありますし(笑)

答えは、

尾行していた八重森が図々しくも聞いてくれることに期待ですね(笑)

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/15巻引用

ではでは、海くんが“ちづる”を好きなのが確定しましたが、

調査編で“待ち状態”の和也もそろそろ動きが見られそうです。

そもそも1か月あった共同生活も2週間を切ったワケですし、

うかうかしていられません。

アニメもスタートするので、

新規の方々が入って来ることを考えても、

その頃に目が離せない展開となっていると尚“良き”でしょうし!

ではでは、引き続き盛り上がる展開に期待です!!

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

⇒【290話で和也と千鶴がデート!!告白の返事⁉
⇒【288話で海vs和也にマミも乱入⁉

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。