【シャンフロ】140話ネタバレでサンラクvsシルヴィア開幕!!キャラはまさかのカースドプリズン!?一撃火力に賭ける!?

この記事は講談社発行『週刊少年マガジン(2023/32号)』で連載中の「シャングリラ・フロンティア」の140話の感想を書いたものです。

本編を読んだ方向けの記事となっていますので、読んでいない方はぜひお読みになってからご覧下さい。

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

前回は、シルヴィアvsペンシルゴンが終わり、

遂にサンラクの出番となっての終了でした。

はたして、シルヴィアvsサンラクはどんな盛り上がりを見せるのでしょうか!?

では、感想を書いていきます!

⇒【GGCでは全メンバーでオフ会!?
⇒【玲がクラン脱退か!?

あのぉ…間もなく休憩が終了するんですが…

サンラクは役割を果たすだけだと言って席を立って対戦台へ向かった。

回想に入ると、カッツォからアドバイスがされるシーンが描かれた。

カッツォ曰く、シルヴィアには触れる事すら難しいため、迎撃するしかないのだそうだ。

そして、実際のシルヴィアを見たサンラク。

選んだのは鈍足で火力のあるカースドプリズンだった。

俺の「カースドプリズン」でテンションフルMAXにしてやるよ!!

はい!

という事で

シルヴィアvsサンラクの戦いの火蓋が切って落とされましたが、

原作/硬梨菜 漫画/不二涼介/シャングリラ・フロンティア/12巻引用

選んだキャラはまさかの「カースドプリズン」!!

サンラクは、シルヴィアと似た特性があるので、素早いキャラを使うと思ったんですが、

選んだのは真反対のキャラ!

つまり、時間稼ぎに徹する事にしたようですね。

カースドプリズンの説明にもあるように、

車や瓦礫などで鎧にして自身を強化できるそうですから、

高い防御力で以て、耐える気なのではないかと思いました。

更に、

高火力である以上、シルヴィアのミーティアスも無理に接近できさそうです。

何より、今回の話しから、

サンラクはシルヴィアと同じ直感的タイプだと話されましたが、

サンラクであればミーティアスを目で追う事も可能でしょう。

後の問題はどうやってサンラクが攻撃が当てるか…。

原作/硬梨菜 漫画/不二涼介/シャングリラ・フロンティア/9巻引用

サンラクが今まで扱ってきた武器で言うと、

高火力でかつ飛び道具もあった「煌蠍の籠手」と近い気がしますが、

その“慣れ”があったから「カースドプリズン」を選んだという事もあったんでしょうか?

流石に、

練習も特にしていないキャラを大会本番で使うのは、あまりにも無謀だと思えるので、

どういった戦略が展開されるか見物です。

仮に最低でも1Rは取らないといけないなら、時間を稼ぐだけではダメですが、

その場合には建物を破壊したりして、

ミーティアスの機動できる範囲を徐々に狭めて攻撃を当たるとかしそうですが、

原作/硬梨菜 漫画/不二涼介/シャングリあラ・フロンティア/134話引用

ペンシルゴンがvsルーカス戦で見せた、

「高層ビルドミノ倒し」からの「ゲージバースト」を超えるような展開となる事に期待ですね。

これはもう本当に圧巻だったので(笑)

ぜひともサンラクにも似たような手を使って、

「カースドプリズン」の超必を連発して頂きたい所です。

後は、結局、

受けスタイルのキャラを選んだので、

カッツォにとっても有益な情報が手に入りそうでもあります。

原作/硬梨菜 漫画/不二涼介/シャングリラ・フロンティア/117話引用

今回のカッツォの言葉通りなら、

対シルヴィアはカウンターキャラの「アムドラヴァ」が最適解ですから、

カッツォも似た戦法となるはずです。

因みに格ゲーの話しをするなら、

高火力の鈍足キャラを相手に、瞬足キャラは基本 近づいたりはしません。

あくまで、距離を取って牽制をして、隙が生まれたら畳み掛ける事をします。

その点を考えても、一方的な流れにはならない思えます。

「ストリートファイター」という一番有名な格ゲーでいうなら、キャミィvsザンギエフみたいなもんですからね。

近づいたら大ダメージを貰っちゃいます。

ではでは…

本作の主人公vs無敗の全米No.1。

どんな戦いを見せてくれるのか!?

展開に期待です!!

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

⇒【141話でサンラクの戦い方がつまらない
⇒【139話でサンラクのキャラ選択は⁉

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。