【女神のカフェテラス】112話ネタバレで結婚相手選びに莉々歌と舞乙が参戦!?零の告白も順番待ち!?2日目の夜は熾烈になる予感!!

この記事は講談社発行『週刊少年マガジン(2023/32号)』で連載中の「女神のカフェテラス」の112話の感想を書いたものです。

本編を読んだ方向けの記事となっていますので、読んでいない方はぜひお読みになってからご覧下さい。

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

前回は、舞乙が隼を襲う中で、ガチ恋する展開になりました。

そうして宮古島編は遂に二日目となりそうな雰囲気です。

夜には結婚相手選びに迫る展開もありますが、それまでどうなっていくのか?

では、感想を書いていきます!

⇒【桜花は戻って来る⁉
⇒【零ってどういうキャラ⁉

朝食も外で食べられるんだぁ

朝食を食べる隼一行。

相も変わらず白菊、紅葉、流星、莉々歌らはご飯を食べさせようとしていた。

その後、隼は秋水とティーナに怪我させたお詫びとして、連れ出された。

その間、宿では、舞乙と莉々歌が隼を好きだとファミリアの3人に告白した。

また、夜の結婚相手選びでは、私達に告白をさせてと、譲ってほしい旨も伝えられた。

これを聞いていた碧流は、それぞれが隼を連れ出し、そこで1時間のアピールタイムを設けようと提案するのだった。

しかし、帰って来た隼はずぶ濡れで、秋水とティーナによって海に落とされていたの。

隼は夕方まで休ませてと具合が悪そうなのであった。

もうっ!!またしても予定がメチャクチャよ!!

はい!

という訳で、

ヒロインレースがドンドン熾烈になっていってる印象ですね。

2日目の夜の結婚相手選びを受けて、

莉々歌と舞乙は、ヤバいって思っていて、

私達にとりあえず告白させてという感じでした。

所謂、阻止を謀る展開となっています。

まあ…隼が取られる危険性を思えば当然の行為です。

瀬尾公治先生/女神のカフェテラス/107話引用

そうなると、

この結婚相手選びは、なんやかんやあって上手くいかない可能性も出てきました。

莉々歌と舞乙の気持ちを踏みにじるのも良くないですし、

更に、その背後には告白をしたがってる零も控えていますし、

零「隼さん…か あの人の周りには私よりも強くて可愛い女性ばかりだ きっと私なんて相手にされないだろうな…それでも…どうしても気持ちを伝えたい たとえダメでも そうしなければ前に進めない気がする…」瀬尾公治先生/女神のカフェテラス/11巻引用

こちらの零の気持ちも無下には出来ません。

いや~本当にすごい状態ですが…

このままいくと、

白菊、流星、紅葉の告白の返事待ちに続いて、

莉々歌、舞乙、零

と、続いていきますよね…(笑)

合計で言うと6人です…!!

告白の返事待ちをさせて、どんどんヒロイン候補を増やしていくという手があったとは……

隼よ…おぬしも悪よのう…

後5人でクリアですね。

しまいには全員 娶ったりして…(笑)

いやまあそれは石油王にでもならないと無理なんですが、

瀬尾公治先生/女神のカフェテラス/3巻引用

何より、結婚相手はもう既に娘も登場したように確定しているので、

実際 選ばれるのは一人なのでしょうし。

因みに、ファミリアの3人は全員 キスまで進んでいるので、

彼女らに並ぶには、

莉々歌と舞乙と零もそこまでは最低限いかないとダメですよね。

レース的な感じで言うなら…ですが(笑)

実際、そこまでそれは重要じゃないんですが、

1読者としては見られるなら見たいたい所です(笑)

瀬尾公治先生/女神のカフェテラス/9巻引用

キスする権利とかいって一斉に襲い出しても良いですしね…

恋は理屈じゃないですし。

これに秋水が参戦して胸チクの伏線が回収というのもアリでしょうか。

もうね…

ここまで来たらヒロイン11人に全員レースに参戦して欲しいんですよね(笑)

11人分の恋愛を描くのは相当 骨が折れるとは思いますが、

長く続く分には別に悪くないと思いますし。

そうなると、曲者となるのが、ティーナと萌実ですが、

因みに碧流は知略キャラって感じで描かれてますが、

隼にちょっと優しくされたら一瞬で陥落しそうです(笑)

迫られる経験もあまりなさそうなので。

で、ティーナと萌実は自分の世界観が出来上がってて、恋愛ムードになりづらいんですが、

ただ、これも実際はどうにもできます。

便利な敵キャラ不破がいますので、

また刺客として彼を送り込んで隼が助ければ萌実はクリアできますし、

ティーナも別に零みたいな謎の勘違いをされれば、夢中にさせる事も出来るでしょう。

ではでは、1時間のアピールタイムはまさかのキャンセル?になったようですが、

じゃあどうするのか気になる所なので、

引き続き展開に期待ですね!

願わくばヒロインの全員参戦ですが、どうなるかに注目です。

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

⇒【113話で碧流と桜花も正式参戦⁉
⇒【111話で舞乙がガチ恋!!隼の作戦か⁉

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。