【デッドアカウント】25話ネタバレで甲乙組が全集結!!草場が大和田の電能を使用で最強と確定!?

この記事は講談社発行『週刊少年マガジン(2023/33号)』で連載中の「デッドアカウント」の25話の感想を書いたものです。

本編を読んだ方向けの記事となっていますので、読んでいない方はぜひお読みになってからご覧下さい。

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

前回は柄本と縁城vs亜科が描かれましたが、

最後は縁城の攻撃が亜科の氷像に当たって大ピンチという終わり方でした。

引き続き描かれる甲乙戦。

終幕はどうなるのか?

では、感想を書いていきます!

⇒【縁城の覚醒シーンが熱い‼
⇒【デッドアカウントはパクリ漫画⁉

死ぬ!!

攻撃がすかった縁城は空中で身動きが取れず、亜科のカウンターが入ろうとしていた。

しかし、これは漆栖川の電能によってカバーが入った。

後ろには一階乙組と一階甲組の全員が並ぶ。

こうして、亜科vs一階乙組と一階甲組の総力戦となった。

まずは大和田が電獣を召喚し、草場も地雷録⑫にて電獣を召喚した。

片方の電獣には縁城と鋭義のペアともう片方は輪狩と霞流が乗った。

最後は、輪狩の斬撃を霞流が踏み台にするというコンビプレーで攻撃を畳みかけるのだった。

叩き斬ってやるぞ……亜科!!

はい!

という訳で、

一階の甲乙組が全員登場の総力戦となりました!

これは熱い展開ですね。

ただ、灰島の姿だけ確認できないので、そこが気にかかりますね。

ビビッて隠れてるんでしょうか?

渡辺静先生/デッドアカウント/12話引用

そうなると、10体vs1という数でゴリ押しみたいな展開になる訳ですが、

流石にこれは勝てそうですよね(笑)

亜科は上級クラスって事で強そうですが、畳み掛けられたら流石にヤバそう。

それでもなお上級には及ばないという展開もアリですが、

どうするかが見物ですね。

また、今回ので草場が大和田の電能を使った事で、

渡辺静先生/デッドアカウント/18話引用

地雷録では落とした相手の電能するらも使える事が明らかになりましたね…

こりゃあ最強キャラ候補決定ですね。

しかも能力は120%まで引き出される訳ですから、

ちょっとチート過ぎますね。

電能をランク付けするなら、草場はS級で、

強いとされてる輪狩ですが、

自分ならその一個したのA級とかにしたいくらいです。

で、展開としては、

とりあえず空中浮遊する亜科がウザそうなので、

その翼を叩き斬るって感じで、

輪狩と霞流がコンビプレーで頑張ってくれて、

地面に落としてから10人でボッコボコに出来れば撃退完了となるでしょうか。

ただ、実際の所、

高火力持ちが輪狩、鋭義、縁城、霞流の4人の印象なので、

最後は炎上系でまとめて攻撃するみたいなラストになるやもしれませんね。

亜科、凍結系ですし。

理想は亜科を救済できれば一番きれいなんですが、

このまま祓う展開になるでしょうか?

デッドアカウントとなった人が元に戻れるかも定かではないですが、

多分 無理かな?

ではでは、甲乙戦のラストに期待です。

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

⇒【26話で亜科撃退完了⁉
⇒【24話で柄本の活躍がカッケー!!

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。