【彼女、お借りします】292話ネタバレで和也が子供相手に大活躍で千鶴がトキメクか!?恋に自覚するフェーズ!?

この記事は講談社発行『週刊少年マガジン(2023/34号)』で連載中の「彼女、お借りします」の292話の感想を書いたものです。

本編を読んだ方向けの記事となっていますので、読んでいない方はぜひお読みになってからご覧下さい。

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

前回は、和也と千鶴が公園デートの途中で晴美(和也母)から電話が入り、

保育園のお手伝いをしに行く展開となりました。

はたして、和也は千鶴に良い所を見せられるのか?

それともやらかしをしてしまうのか?

では、感想を書いていきます!

⇒【なんでも券はいつ使われる⁉
⇒【和也と千鶴が結ばれない伏線あり⁉

よく来るの?

保育園に向かう道中、千鶴は保育園のお手伝いについて和也に問いただしていた。

和也曰く、手伝いをしだしたのは小学生の頃からとの事。

ただ、小さいときは一緒になって遊んでいただけで、いつの間にか大人になっていたと続けた。

その後、ひばり園に到着すると、和也は子供達から大歓迎を受け、人気者である様子が伺えた。

そして、晴美も登場すると、千鶴にも手伝いを頼んだ。

着替えた千鶴は早速 子供達から注目の的となったが、その傍らで和也は気合を入れているのであった。

へー 様になってるじゃん…

はい!

という訳で始まりました!保育園編「ひばり園」の巻!

和也曰く、

小学生の頃から通っているそうなので、

そういう意味じゃもう10年以上のデーベテランって事になりますよね。

しかしまー実際に子供と遊ぶのは楽しいもので、

10歳前後の子は元気もあれば、

遊んでくれる人には素直で明るく前向きな態度を取ってくれるので、

気持ちも明るくなれたりします。

和也がいつまでもピュアな童心で居られるのも、

ここに秘訣があるやもしれません。

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/5巻引用

千鶴も結局、そういう子供っぽい所は別に嫌いでもないようですし、

相性は悪くないと思えます。

ただまあ…和也はちょっと煩悩がすぎる所も目立ちますがね……(笑)

今回も相変わらずの暴走っぷりで、

千鶴の胸をみて

「触りてー」

と内心の描写が描かれてもいましたが、

もう頭の中は真っピンクです(笑)

大学生という事を考えたら盛んな時期でしょうから、致し方ないですが、

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/1巻引用

そうなった際の千鶴の対応が気になりますね(笑)

その辺も漫画内で描かれるかは今後の楽しみの一つだったりもします。

で、今回の保育園編ですが、

流石に和也が活躍しそうな雰囲気が出ていますよね。

そもそも経験が長いので、

恐らく10年目(小学生の頃から)とかってレベルですが、

そうなるともうこれはミスをするとかそういう次元でもないでしょう。

応用の応用の応用の応用まで考えられているハズです。

となると、

和也の手慣れた作業っぷりを見て、

千鶴が見てトキメク展開となるのが王道な気がします。

実際、珍しく、ラストのシーンでは、

千鶴の方から“様になってる”的な台詞も描かれましたし、

既にオーラも出ています。

そうなると、

これを機に千鶴は恋にちょっとずつ自覚していくというフェーズに入るやもしれませんね。

というのも未だに千鶴は恋に自覚していないようで、

“今の感情にまだ名前がない”とか言っていたり、

和也を“好きじゃなくもない”と言ったり、

共同生活を経て“嫌じゃない”と思っていたり、

まだまだ外堀を埋めているような段階で、

確信に迫るような発言も描写もまだありません。

その辺を踏まえても、

今回の保育園回は割と貴重な回になるんじゃないでしょうか。

和也のちゃんとした活躍も見られそうですし、

今までと一風変わった展開が見られることに期待していますね。

まあ…とはいっても“お手伝い”レベルなので、

子供のワガママにひたすら対応するだけな気もしますが…ね(笑)

これは実際どうなるかに期待です。

そもそも、自分が保育園業に詳しい訳でもないので、

その辺の豆知識的な知識面も描かれるなら、それはそれで楽しみです。

ではでは、調査編において重要なシーンも入りそうなので、

次回も盛り上がる展開に期待です!

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

⇒【293話でガキがぱいタッチ⁉
⇒【291話で晴美に千鶴が相談⁉

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。