【彼女、お借りします】294話ネタバレで千鶴が結花ちゃんの“人生とは”に最高の返し!!一ノ瀬の両親の情報は迷宮入り!?

この記事は講談社発行『週刊少年マガジン(2023/36・37号)』で連載中の「彼女、お借りします」の294話の感想を書いたものです。

本編を読んだ方向けの記事となっていますので、読んでいない方はぜひお読みになってからご覧下さい。

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

前回は、和也がけん玉の腕を見せ、更に食事の時間に子供が千鶴のぱいにタッチする流れでした。

はたして千鶴は、どんな対応を見せるのでしょうか?

では、感想を書いていきます!

⇒【なんでも券はいつ使われる⁉
⇒【和也と千鶴が結ばれない伏線あり⁉

おっ@い でか…

園児の珍事に焦る和也だったが、千鶴はあははと乾いた笑いをした。

その後も、千鶴の胸の大きさを疑問に思う園児たちから怒涛の質問ラッシュとなるが、

千鶴はご飯をいっぱい食べたからかなと返した。

そして、お昼寝の時間となり、園地たちが寝始めた。

しかし、1人だけ寝付けず、千鶴にトイレへ行きたいと誘ってきた。

千鶴は同行後、園児を寝かしつけ始めた。

すると、園児が「大人って何」「人生って何」などと、深めな質問をして来た。

園児は両親が昨日ケンカしていたから、ちょっと考え込んでいたようだった。

続けて千鶴の両親がどんな人なのかと質問をした。

千鶴は母が素敵な人だった事。

父はすぐ離れ離れになったからよく知らないなどと返した。

次に千鶴は、

大人でも迷子になる事がある事。

辛いことや悲しい事もある事と話した。

しかし、お父さんとお母さんが結花(園児)の事を大好きなコトだけは絶対に変わる事のない事実であると伝えてあげるのだった。

これには結花も不安が消えたのか、寝だすのだった。

最後は、和也が様子を見に来たが、千鶴も一緒になって寝ていたのだった。

だぁーー!!!可愛すぎる――っ!!!

はぁい!

という訳で、

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/293話引用

今回は園児X千鶴がメイン回でした。

園児の一人の結花ちゃんが中々の曲者でしたが……

子供ってこういう意味深な質問をしてくることもあるので、大変ですよね(笑)

「なんで空は青いの?」とか…

「なんでヒマワリは黄色いの?」とか…

学者でも万人にわかりやすく説明するのが難しいような難題を平気で投げつけてきます(笑)

そんな難関に直面した千鶴でしたが、めちゃくちゃ良い対応でした。

⇒【千鶴と和也の共同生活がガチガチな件
⇒【麻美が和也を好きになった節アリ⁉

それだけは絶対絶対本当

結局、どんな返しであれ、

結花ちゃんが「すごい」とか「面白い」と思えれば、

話す内容は何でもイイと思いますが、

今回 結花ちゃんが懸念していたのが、

“両親の喧嘩のせいで不安になっていた”ということなので

「人生って何?」「大人って何?」に対して、

正論をゴタゴタ並べるような事を言っても意味が無かった訳です。

なので、最後の方で、千鶴から、

大人でも喧嘩するし、悲しい事もあるけど、でも、

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/280話引用

“お父さんとお母さんが結花ちゃんの事を好きなコトだけは、絶対変わらない事なんだよ”

と伝えてあげていたのは、

最高でしたね…

結花ちゃんもこれには安堵して寝始めた程でした。

⇒【千鶴は現状キス待ちか⁉
⇒【調査編は和也からのキスで終幕⁉

幼稚園編、終わり

で、時間的にはもう13時を回りそうでしたが、

千鶴が寝ちゃったんなら軽く1時間くらいは寝ていそうなので、

そうなるとタイムリミットに自然と近づいていきます。

千鶴曰く、夕方までとの事でしたが、

千鶴「夕方には用事があって 帰って来なきゃいけないんだけど どこかお店 予約してるわけでもないし……」宮島礼吏先生/彼女、お借りします/291話引用

このまま行くと、

そのままひばり園編 終了となります。

千鶴の両親

一応、千鶴の両親についての情報が軽~く出ましたが…、

特に詳細は無かったので、今後とも重要な要素となるのかは微妙そうです。

宮島礼吏先生/彼女、お借りします/29巻引用

本編で写真が出た時も、

4歳の頃にシんだから、殆ど記憶もなく、

写真嫌いだったから写真もほぼないみたいな話がされましたが、

結局、情報が出ていませんし、本編に絡む程のストーリー背景があるかも謎です。

千鶴が母から学んだのは、

“子供とのツーショットは撮っとけ”

って事だけだそうですが、

千鶴はもう身寄りもいなくなったので、

これ以上 情報が開示されるかも未知数と言えます。

因みに母の名は小百合おばあちゃんから花澄美(かすみ)だったとも分かっていますが、

これについても深く言及されていません(この時は、母が雨女だったという話しをした)。

後は千鶴の名前が幸せを運ぶ存在になって欲しいという話しがされたくらいかな…?

小百合「あなたの名前もね『せんばづる(この映画)』から取ったのよ…あなたのお母さんがよく言ってたわ どんな願いも叶える“千羽鶴”そんな幸せを運ぶ存在になって欲しいって…」宮島礼吏先生/彼女、お借りします/12巻引用

そういう意味じゃ、

母のシと父が家族から離れた理由の真相は、

迷宮入りする可能性もありそうですね……

まあ…父とフラッと出会うとかまだありそうですが…。

ではでは!

急遽 始まった幼稚園編ですが、

終わりも見えてきましたが、次 気になってくるのは、

千鶴の用事の内容でしょうか?

和也とは一旦 離れる事になりそうですが、

また大学内編とかに戻るのか?

引き続き盛り上がる展開に期待です!

294話の感想でした!

>>【マガジンの定期購読を試してみる】<<

⇒【295話で千鶴の調査編に進捗⁉
⇒【293話でひばり園の展開は⁉

こちらの記事も読まれています

One comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。