【ヒロアカ】397話ネタバレでオールマイトもOFAも散る(死亡)か!?消耗戦vs時間制限付きの行方は!?

この記事は集英社発行『週刊少年ジャンプ(2023/38号)』で連載中の「僕のヒーローアカデミア」の397話の感想を書いたものです。

本編を読んだ方向けの記事となっていますので、読んでいない方はぜひお読みになってからご覧下さい。

>>【ジャンプの定期購読を試してみる】<<

前回は、

オールマイトvsオール・フォー・ワンが開幕となりました。

・まずはアーマー化したオールマイトが一矢報いる展開となりましたが、

このまま時間稼ぎをし続けられるのでしょうか?

では、感想を書いていきます!

⇒【トガが覚醒でヤバい!!
⇒【まさかのヴィラン3人の参戦が熱い!!

まったく気が滅入るぜ!!

オールマイトはOFAの“怒り”につけ入る事が出来れば、戦いに勝てると考えていた。

そのため、オールマイトはOFAを煽り続けていた。

一方のOFAは複数の個性を使用し、オールマイトを吹き飛ばした。

オールマイトは「ユーティリティマントオートガード“黒影”」で何とかそれを防いだ。

そして、OFAはオールマイトに対し言うのだった。

アーマーは壊れて失われるだけ。

時間稼ぎに釣られたんじゃない。

ゴミ拾いできるゆとりがあるだけなのだと。

取り繕ってんじゃないよ みっともない!!

はい!

という訳で、

今回はページ枚数が少なかったですね。

戦闘シーンがメインでしたが、進展は少なめって感じでした。

⇒【荼毘とAFOの覚醒がエグイ!!
⇒【遂に開幕!!緑谷vsシ柄木!!

オールマイトの秘策

そんなオールマイトの秘策ですが、

オール・フォー・ワンを煽って精神を乱し、

個性の精度を落とそうという魂胆でした。

これは、

堀越耕平先生/僕のヒーローアカデミア/11巻引用

オール・フォー・ワンが得意としてる話術で相手の精神を乱すやり方ですが、

それを張本人にやり返しているのは考え深い描写ですね…

圧倒的な力なくしては、やはり方便などの策も講じないとどうしようもないのかもしれません。

また、オールマイトの話では、

オール・フォー・ワンの個性の組み方が雑になっていたとの事なので、

“効果はアリ”

でした。

結局、煽られたり、図星を突かれると誰でもイライラするって事ですね…(笑)

⇒【スピナーvs障子&口田が熱い!!
⇒【轟焦凍の“燐”がカッコよすぎる!!

時間稼ぎの行方

後、気になるのはこの戦いの行方です。

今回オールマイトは、

堀越耕平先生/僕のヒーローアカデミア/396話引用

ユーティリティマントオートガード“黒影”を使用しましたが、

そちらも損傷して、動作を補助させていました。

前回の時点で既に、

エルクレス装甲の消失は66%を超えていましたが、

言ってしまえば、オールマイトは消耗戦をしています。

一方のオール・フォー・ワンも時間がありませんが、

つまるところ、この戦いは、

オールマイトのアーマーがオール・フォー・ワンの攻撃に耐えきれるか、

或いはそれまでに破壊されてしまうかの戦いと言えます。

⇒【vsシ柄木の爆豪と天喰の新技がカッコイイ!!
⇒【超解放戦線の死亡者一覧

アーマーは壊れる

で、オールマイトのアーマーですが、

恐らく壊されます。

堀越耕平先生/僕のヒーローアカデミア/396話引用

そもそも一撃目でエルクレスは66%の損失を受けていますから、

既に二度目の攻撃に耐えられるだけの耐久値はありません。

一方で、アーマーの方は、

壊れた個所を他の部分で随時 補助しているような形ですが、

これも長く持つとは言えないでしょう。

そうなると、

助っ人等が来ない限りは、

オールマイトの瀕シ、或いはシ亡となる可能性が高いんじゃないかと見ています。

ただ、時間稼ぎもある程度できて、

オール・フォー・ワンも只じゃ済まなかった的な展開になるのではないかとも思っています。

というのも結局、

オール・フォー・ワンの結末はもうほぼ決まっていて、

シ柄木の体を奪う事を目的としていますが、

AFO「そもそも 本来は完全に“僕”となる筈だった 弔と融け合い “新たな人格”となるのはベストではなかった」

AFO「だが些末な事さ 役目を終えたこの僕の“因子”を取り込ませれば僕の領域が増して 弔に蓋ができる 魔王の完成…これは“僕”の物語なのさ」堀越耕平先生/僕のヒーローアカデミア/38巻引用

それが完遂されるなら、

“緑谷vsシ柄木”という、

本作の最大のメインイベントが無くなる事になるので、

恐らくそうはなりません。

なので、オール・フォー・ワンが生き残るには、

代わりの器がいて、そちらに乗り移る可能性ぐらいしかない気がしますが、

それも描かれないなら、

この戦いの前後でオール・フォー・ワンは散るのではないかと思っています。

そして、“その決定打を入れたのがオールマイトだった…”

というのが終わり方としても綺麗だと思うので、

そのような形になるのではないかと、、、そう現状は考えています。

更に付け加えるなら、

今回でもオールマイトが言ってましたが、

50も半ばを超えた大人が、幼気(いたいけ)な青年をなぶってるのも、

たいがい痛いので…(笑)

メイン舞台は緑谷達に譲られる事でしょう!!

ではでは!!

本編の方で実際にどうなっていくのか?

予想を上回る斜め上展開に期待ですが、

そちらは引き続き、

「ヒロアカ」の行く末を自分達の目で見届けていきたいですね。

>>【ジャンプの定期購読を試してみる】<<

⇒【398話でオールマイトの家族が死亡していた⁉
⇒【396話で凄惨な死はどうなる⁉

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。