【ワンピース】1104話ネタバレでバスターコール発動!!巨大な戦いが遂に始まる!?くまが動くのは愛ゆえに!?

この記事は集英社発行『週刊少年ジャンプ(2024/8号)』で連載中の「ワンピース」の1104話の感想を書いたものです。

※本編を読んだ方向けの記事となっていますので、読んでいない方はぜひお読みになってからご覧下さい※

>>【ジャンプの定期購読を試してみる】<<

前回は、

ボニーの能力がいかなる未来にも変身できるものだと判明しました。

更にくまの救出劇も行われようという最中です。

サターンは撃退できるのでしょうか?

では、感想を書いていきます!

⇒【101巻~107巻の伏線まとめ!!
⇒【ルフィが最高地点に到達!!

バッカニア族の子供……

くまの拳がサターンを捉えた。

サターンは建物を幾つも破壊しながら吹き飛ばされた。

その中でサターンは自爆スイッチを押したから生きているハズがないと語った。

だが、これはベガパンクの処置で、完全停止スイッチが付けられていた為だった。

しかし、それでもくまが動く理由にはならず、

ベガパンクはバッカニア族の特性所以かと疑問視していた。

その後、動かなくなったくまはアトラスに研究層に運ばれた。

そして、ここでサターンがバスターコールを発動。

全艦砲撃の準備が始まるのだった。

この島は不都合に満ちている!!!

はい!

というわけでまずは、

スッキリ展開で始まりました。

ずっと見たかったこのサターンがぶん殴られる展開!

長い回想からのパンチという事でいえば、

尾田栄一郎先生/ワンピースカラー版/16巻引用

ルフィがワポルをぶん殴ったシーンを思い出しますが、

嫌悪感を溜めて溜めて溜めて、そして悪者を成敗するというのはもうワンピースの十八番ですね。

でもその中で考えさせられる内容として構成がしっかりしているので、

見ていて飽きない廃れない良さがあります。

また、今回の中で特徴的だった話題が、

くまが動く理由ですよね。

ベガパンクからは、

・バッカニア族の特性
・愛ゆえに

という二つの提案がされましたが、

どっちもなんて可能性もありそうですが、

個人的には愛ゆえにを推したい所。

後はブルックみたく、魂が宿主のもとに帰ってこれる設定があるので、

ブルック「私の「魂」は“黄泉の国”より現世に舞い戻ったのです!!すぐに自分の死体に入れば蘇れる筈が 私の死んだこの海は ごらんの様に霧が深く迷ってしまい霧の中 魂の姿でさ迷い続けること 一年!!自分の体を発見した時にはなんとすでに“白骨化”していたのです!!!」

尾田栄一郎先生/ワンピースカラー版/46巻引用

魂がまだくまの中に少しだけ残っているとか、

肉体がある限り黄泉の国と関係が完全に切れる訳ではないとかで、

説明の仕方は幾らでもあるでしょうか。

というか“黄泉の国がある”事を認めちゃってるのが個人的にはエグいですけどね(笑)

場合によっちゃシんだキャラも肉体があれば復活し放題です…(笑)

とはいえ、これでくまが完全復活するかと言われると難しく、

シンドリーみたく、特定の人の命令やいう事は聞くが、

自律的に動くことはないだとか、

或いはセニョール・ピンクの場合同様に、子供がシんで植物状態になったルシアンみたく、

尾田栄一郎先生/ワンピースカラー版/77巻引用

特定の事にだけ反応するみたいな状態となるやもしれません。

一応、ベガパンクの技術を使えば、

ボニーが見た記憶をそのまま植え付ければ、

くまの記憶を持った“何か”みたいなものは作れそうですが、

ただそれはあまり倫理的ではないし、ホグバックっぽいので、期待してもいません。

そういう意味じゃ、理想はやはり、

自我が完全に消えることはなく、

くまがそれをボニーに対する愛でもって心に残し続けていたというパターンにする方が個人的には好きです。

結局、科学で全てが分かる訳でもありませんし、

それこそ生命の起源とか、宇宙の起源なんてのもまだ分かってない訳ですから、

絶対にそこに理由を付けて説明すべきなんて必要もないでしょう。

説明できないんですから……。

悪魔の実の説明も結局、

ベガパンク「“悪魔の実”とは…!!誰かが望んだ「人の進化」の“可能性”である!!!ああなれたらいいな…!!こうなれたらいいな…!!多岐に渡る人類の未来が“能力”である!!!」

尾田栄一郎先生/ワンピースカラー版/106巻引用

と説明されましたが、

やはりそこに夢やロマンを詰め込んだ方が面白いのであって、

個人的にもそっちの方が読んでいてもうるっと来ます(笑)

読んでる層で考えても、

基本は10代に向けられたものが漫画でしょうしね。

そういう説明がつかない事態にこそ、人は奇跡を覚え、感動をしそうなものでもあります。

という意味でも、

「ボニーのいう事にだけは反応する…」

的な状態になるのがベストかなーと思っています。

⇒【101巻~107巻の伏線まとめ!!
⇒【91巻~100巻伏線まとめ!!

バスターコール発動

で、ラストは、

尾田栄一郎先生/ワンピースカラー版/42巻引用

バスターコールが発動となりました。

バスターコールの今までの流れは、

・ロビンのオハラが焼き尽くされたのと、

・エニエス・ロビーで麦わらの一味が逃げおおせた、

の2パターンがありました。

そういう意味では、このバスターコールを撃退したことは未だにありませんから、

ここいらで“麦わら大船団”が登場するというのもアリですよね。

で、そのまま尾田先生が仰った、

D「あと5年でワンピースの連載をやめるって本当ですか?」

O「はい。やめるっていうか、ルフィの冒険の一番面白い部分、ワンピースって何なの?の物語が完結するから、終わります。今「ワノ国」盛り上がってますけども、ルフィが無事ここを出航できたなら、世界的展開、誰も読んだ事ないような大興奮の物語、ワンピース史上“最も巨大な戦い”を描く事になります。面白いです!!というわけで、長い物語も、ちゃんと終わりに向かっているとよ、読者に心構えをしておいて貰う意味で、そんな発言をしました。」

尾田栄一郎先生/ワンピースカラー版/97巻引用

“最も巨大な戦い”へ導入されていくというのも、

流れとしては綺麗でしょうか。

それを携えてのそのままラフテル行きとなっての四皇決着戦も良きです。

だからこそ、バギーの一団とか、

シャンクスの一団も登場している訳ですよね。

まさに着々と準備が進んでいる印象です。

何せよ、これは先が楽しみになりますね…。

では、ルフィも肉をバクバク食べていた事ですし、そろそろ復活となって、動き出すと思いますので、

エッグヘッド編内のバトル展開にも引き続き期待です。

特にボニーの能力がチートと分かったので、

ルフィをニカだと認識した際にどうなるかが非常に楽しみです。

それでは1104話の感想でした!

>>【ジャンプの定期購読を試してみる】<<

⇒【1105話で新たな助っ人参戦⁉
⇒【1103話でボニーの能力がチート過ぎると判明!!

こちらの記事も読まれています

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。